Objective-C:スワイプ・長押し(ロングプレス)ジェスチャーを実装する

スマートフォンのアプリを開発する上で避けて通れないタッチジェスチャーの中から、スワイプと長押し(ロングプレス)のジェスチャーを実装する場合のメモ。

スワイプ・長押し(ロングプレス)ジェスチャーを実装する

スワイプアップ
UISwipeGestureRecognizer *swipeUpGesture = [[UISwipeGestureRecognizer alloc] initWithTarget:self action:@selector(handleSwipeUpGesture:)];
swipeUpGesture.direction = UISwipeGestureRecognizerDirectionUp;
[self.view addGestureRecognizer:swipeUpGesture];

- (void) handleSwipeUpGesture:(UISwipeGestureRecognizer *)sender
{
    NSLog(@"swipe Up");
}
ロングプレス
UILongPressGestureRecognizer *longPressGesture = [[UILongPressGestureRecognizer alloc] initWithTarget:self action:@selector(handleLongPressGesture:)];
longPressGesture.minimumPressDuration = 1;
[self.view addGestureRecognizer:longPressGesture];

- (void) handleLongPressGesture:(UILongPressGestureRecognizer*) sender
{
    NSLog(@"long press");
}

まとめ

Objective-Cはソースコードの見た目にさえ慣れてくると、iPhone特有の機能を実装するのは比較的簡単にできる。ジェスチャーはiOSやAppleの標準アプリの実装例を参考にしながら、自身のアプリに取り入れることでUXの向上につながりますね。

関連する項目

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents