Monthly Archives: October 2013

Apple:MacBook ProでもMacBook Airでもない、MacBook 12インチモデルが出る?

新しいコンセプトの MacBook が、2014年リリースに向けて開発中らしい。 現在Appleのノートブックと言えば、MacBook Pro と MacBook Air の2つが存在するが、冒頭で MacBook となっているのは、MacBook Pro でもなく、MacBook Air でもない、おそらく両者の中間に位置する MacBook というプロダクトなのではないかと考えられる。 最近の Apple の言い回しだと、新しい MacBook という表現が正しいのかもしれない。 ソースは Apple プロダクトに関する情報の的中率が高いことで有名な、KGI Securities のアナリスト Ming-Chi Kuo氏。 MacBook Pro でも MacBook Air でもない、MacBook 12インチ 気になる形状やスペックについて 画面は12インチ Retina ディスプレイ、ボディの形状はクラムシェル型、外観・重量に関しては現行 MacBook Air よりも薄く、軽量になるらしい。この予想が的中するならどう考えても「買い」だ。 ボディ形状が MacBook Air のテーパー型ではなく、フラットなデザインになるのだろうか。ユニボディに変更となった現行 MacBook Air の形状はお気に入りだが、当初はこのテーパーに多少の違和感があり、フラットにして欲しいなと感じていたのでこのデザイン変更は大歓迎だ。 Retina 搭載の MacBook Pro は、光学ドライブがなくなり薄く軽量にはなったが、一度 MacBook Air に慣れてしまうと、いくら高性能でも重たくて分厚い MacBook Pro には全く魅力を感じない。 MacBook Air のように薄くて軽く、ボディ全体の薄さを追求したデザインは、考えるだけで期待が膨らむ。 可能性のある追加要素 予想の予想となってしまうが、iPhone 5sで採用された「Touch ID」が搭載された初の Mac になる可能性も十分にあるように感じた。 iTunesやApp Storeでのショッピングだけではなく、システムログインや各種インストール、複数ウェブサイトのパスワード管理が指紋認証により一元管理できれば最強のノートになるだろう。 情報からの推測と希望的観測 以上のことから、消費者(少なくとも自身の)ニーズは必要十分に吸収出来ているプロダクトになる可能性は大きい。多少強気の価格設定でも、ヒットは間違いないのではないだろうか。 このままでも十分魅力のあるプロダクトだが、欲を言えばサプライズ感に乏しいような気がしなくもない。 もしこの MacBook に自分なりのサプライズを加えるとしたら「ディスプレイがタッチパネルになる」もしくは「ディスプレイ自体が新しい規格のiPadで構成されている」となれば、かなりのサプライズだと思う。コスト面や MacBook Pro の事を考えるとかなり無理はあるが。 まとめ もし今回の予想に近いMacBookが発売されれば、現在自身が愛用している MacBook Air 11インチ(Mid 2012)が、この MacBook へと置き換わる可能性は高い。 それまでは、MacBook Air がサブでありながらメインに近い働きをする頼もしい存在であることに変わりはない。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Xcode:ステータスバーを非表示にする(iOS 7対応)

iOS 7 からはステータスバーを非表示にするための工程が1つ増えました。方法自体はとても簡単ですが、ついつい忘れがちな内容なのでメモしておきます。 ステータスバーを非表示にする(iOS 7対応) Xcodeから info.plist と TARGET を以下のように設定します。 info.plist Status bar is initially hidden を「YES」にする TARGETS infoタブ > Custom iOS Target Properties 項目 > View controller-based status bar appearance を「NO」にする(*) ※iOS7で新しく必要となった設定。項目がない場合は(+)から View controller-based status bar appearance 項目を作成する まとめ ステータスバーの表示・非表示くらいは、Xcode上でもう少しサクッと簡単に切り替えられるようにして欲しいですね。 iOS7で新しく変更・追加された項目等は、気づいたものから随時更新していこうと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Developer:App Storeアイコンサイズ一覧(iOS 7対応・2014年最新版)

iOS7ではApp Storeのアイコンサイズが変更され、キリが良くなりました。 iOS6との比較を一覧にしましたのでご活用下さい。 更新履歴 [2014.04.04] icon.png, icon-60.png に関する記述を追加・修正しました。 App Storeアイコンサイズ(iOS7対応) iOS6とiOS7での違いをわかりやすくするため表に起こしました。単位は全てピクセル(px)です。 新しく追加された icon-60.png に関しては iOS7 に対応する非Retinaデバイスが存在しないため、現在のところ不要みたいです。 iPhoneアプリアイコンサイズ ファイル名 画像サイズ(iOS7〜) 画像サイズ(〜iOS6) icon.png 57 × 57 (10) 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) 114 × 114 (20) icon-60.png 60 × 60 (10) icon-60@2x.png 120 × 120 (20) icon-small.png 29 × 29 (5) 29 × 29 (5) icon-small@2x.png 58 × 58 (10) 58 × 58 (10) iTunesArtwork 512 × 512 (90) 512 × 512 (90) iTunesArtwork@2x 1024 × 1024 (180) 1024 × 1024 (180) iPadアプリアイコンサイズ ファイル名画像サイズ(iOS7〜)画像サイズ(〜iOS6) icon.png 57 × 57 (10) 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) 114 × 114 (20) icon-60.png 60 × 60 (10) icon-60@2x.png 120 × 120 (20) icon-72.png72 × 72 (12)72 × 72 (12) icon-72@2x.png144 × 144 (25)114 × 114 (25) icon-small-50.png50 × 50 (9)50 × 50 (9) icon-small-50@2x.png100 × 100 (18)100 × 100 (18) iTunesArtwork512 × 512 (90)512 × 512 (90) iTunesArtwork@2×1024 × 1024 (180)1024 × 1024 (180) iPhone & iPadユニバーサルアプリアイコンサイズ ファイル名画像サイズ(iOS7〜)画像サイズ(〜iOS6) icon.png 57 × 57 (10) 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) 114 × 114 (20) icon-60.png 60 × 60 (10) icon-60@2x.png 120 × 120 (20) icon-72.png72 × 72 (12)72 × 72 (12) icon-72@2x.png144 × 144 (25)114 ×… 続きを読む

Apple:スペシャルイベントOctober 22,2013でiPad Airが発表!OS X Mavericksへのアップグレードは無料!

22日午前10時(日本時刻では23日午前2時)よりAppleのプレスイベントが開催されました。 ストリーミング配信に合わせてリアルタイムに情報を更新したいと思います。 Appleのプレスイベントの詳細内容 時刻は日本時間をベースとしています。 [02:00] ティム・クック登場 ティム・クックが登場します。 まずは先月発売されたiPhone 5c、iPhone 5sとiOS7の話題から。この辺は割愛します。

HTML:Photoshopでico形式ファイルを書き出しfaviconを表示する。

Photoshopでファビコン(favicon)の画像を作成しても、Macのデフォルト環境ではicoファイルが書き出せません。 IE以外のブラウザであればファビコンの画像形式は、GIFやPNGでも構わないのですが、IEで表示させるためにはico形式での出力が必要となります。 ファビコンは頻繁に変更しないため、作成から書き出しまでの一連の手順を忘れがちなのでメモしておきます。 Photoshopでico形式ファイルを書き出しfaviconを表示する 作業環境は以下のとおり。 システム環境:MacOS X(10.8) 使用アプリケーション:Photoshop CS5 書き出すfaviconのファイル名:favicon.ico 書き出し先フォルダ名:images Photoshopでico形式ファイルを書き出す Photoshopでico形式のファイルを書き出すためのプラグインをTelegraphicsからダウンロードする ダウンロード後、プラグインファイル(ICOFormat.plugin)を以下のフォルダにコピーする Photoshopを起動(すでに起動している場合は再起動)し以下のサイズでファビコン画像を作成する 出力形式サイズ(ピクセル)色数 ICO形式(共通)16×16, 32×324ビット16色, 8ビット256色, 24ビット1600万色 ICO形式(Win)24×24, 48×48, 64×64任意の色数 ICO形式(Mac)64×64, 128×128任意の色数 GIF形式16×16256色 PNG形式16×168ビット(256色)or 24ビット(1600万色) 作成した画像をico形式でファイル名(favicon.ico)としてimagesフォルダに書き出す faviconを表示する HTMLファイルのheadタグ内に以下を記述する。(単独行の記述でも問題ないですが、両方指定するのが望ましいとされているみたいです) まとめ ファビコンは当初、非HTML標準で Microsoft Internet Explorer 5 独自の機能として実装されたため、Windowsのico形式という不可解な画像フォーマットが存在します。 IE以外のモダンブラウザではPNGやGIFでも問題なくファビコンの表示が可能ですが、ここはMicrosoftに敬意を表してicoファイルで作成することをおすすめします。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Apple:Mac OS X Mavericksがリリース!アップグレード後の感想と使用感について。

日本時間9月23日の午前2時、アップルイベントにてMac OS X Mavericksがリリースされました。 価格は無料、早速アップグレードしたので感想をメモします。 Max OS X Mavericksへアップグレード ダウンロード アップルイベント終了直後の早朝4時過ぎ頃は、日本のApp Storeでのダウンロードは準備中でした。 仕方ないので一旦就寝、午前9時頃からダウンロードを開始。スムースにダウンロードは完了。 インストールのウインドウが立ち上がりました。 ここまで約20分。

Developer:iOSデバイスの起動画面(Splash)の画像サイズ一覧(2013年最新版)

iOSデバイスの起動画面のファイル名と画像サイズの一覧を作成しました。 iOSデバイス(iPhone iPad)の起動画面(Splash)ファイル一覧(2013年最新版) 単位は全てピクセル(px)です。 ファイル名画像サイズデバイス名備考 Default.png320 × 480iPhone3G / 3GS Default@2x.png640 × 960iPhone4 / 4S Default-568h@2x.png640 × 1136iPhone5 以降 Default-Portrait.png768 × 1004iPad / iPad2 / iPad mini縦表示(※) Default-Portrait@2x.png1536 × 2008iPad 第3世代 Default-Landscape.png1024 × 748iPad / iPad2 / iPad mini横表示(※) Default-Landscape@2x.png2048 × 1496iPad 第3世代 ※iPadのポートレイト(縦表示)とランドスケープ(横表示)の画面サイズ比率は同じではない まとめ iOSデバイスのスクリーンサイズは落ち着いてきましたが、互換性を優先してサイズの種類を増やすのではなく、減らす方向でお願いします。Appleさん。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、ブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。 関連する項目 Developer:App Storeアイコンサイズ一覧(iOS 7対応・2013年最新版)