Android: USB 接続なし (無線LAN) でアプリを実機デバッグする方法

Wifi 環境があれば Android Studio からの実機でのデバッグが USB 接続なしで可能です。

とは言え、最初の設定では結局 USB 接続が必要ですが、デバイスがケーブルから解放されることで、多少は作業ストレスの軽減になるかもしれません。

地味に便利な機能だったのでメモしておきます。

目次

  • ADB コマンドのパスを通す
  • USB 接続を行う
  • ADB コマンドで接続する
  • USB 接続を解除しビルドを実行する

ADB コマンドのパスを通す

ターミナルシェルの環境設定(.bashrc や.zshrc等)に ADB コマンドへのパスを通します。

export PATH=$PATH:~/Library/Android/sdk/platform-tools
export PATH=$PATH:~/Library/Android/sdk/tools
export ANDROID_HOME=$PATH:~/LibraryAndroid/sdk

設定を保存した後、設定ファイルをリロードしシェルに設定を反映させます。

source ~/.zshrc

ADB コマンドが使えるようになっているか確認します。

adb version

無事バージョンが表示されれば完了です。

Android Debug Bridge version 1.0.32

USB 接続を行う

Mac と Android デバイスを USB で接続し Android Studio を起動します。

Android デバイスの 設定 -> Wi-Fi -> 詳細設定 (Android デバイスごとにメニューの名称は異なります)から IP アドレスを確認します。ここでは 10.0.1.1 とします。
ここで表示された IP アドレスを使用し、ADB コマンドで接続を行います。

ADB コマンドで接続する

ターミナル(Android Studio 内のターミナルでも可)を起動し、以下のコマンドを実行します。

adb tcpip 5555

先ほど調べた IP アドレスに上記のポートを指定し接続します。

adb connect 10.0.1.1:5555

接続されているデバイスを確認します。

adb devices

デバイスが接続されていることが確認できました。

List of devices attached
10.0.1.1:5555   device

USB 接続を解除しビルドを実行する

すでに Wi-Fi で接続されていますので、USB ケーブルを外します。
Android Studio からビルドを実行すれば、USB 接続なしでデバッグが可能になっています。

以上で作業は完了です。お疲れ様でした。

まとめ

Android Studio では Xcode に存在しないユニークな機能をちょくちょく見かけます。
Xcode でもこういった無線環境でのビルド・デバッグの機能を追加してくれると、つらいコーディングも少し楽しくなるかもしれませんね。

今回紹介した方法は、準備自体は数分で完了するので、是非一度お試しください。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents