Monthly Archives: July 2014

Apple:iPhone 6 の発売日と初回出荷台数の噂、国内SIMロック解除の動きについて

[2014.09.23 修正] コンテンツの内容を一部修正しました。 [2014.09.10 追記] iPhone 6 が正式に発表されました。こちらから最新記事をご確認下さい。 国内の iPhone 5 ユーザーの方は今年は買い替え時期でもあるため、iPhone 6 に向けたアップを始めている頃だと思います。 iPhone 6 ですが、発売日が 9月19日 となる噂を先月あたりから散見するようになりました。初回出荷台数は6,800万台と、iPhone 5 の初回出荷台数の約2倍という、数字まで出ています。 iPhone 1台を50,000円として換算すると、なんと3兆4000億(円)のお金が動く事になります。iPhone 6 というプロダクトだけで日本の生活保護費用の予算枠に匹敵します(笑) 今回は来るべき iPhone 6 に向けて、現 iPhone 5 ユーザー(自分)のために情報をまとめておきたいと思います。 iPhone 6 について ※以下の iPhone 6 に関する全ての情報は Apple 公式のものではなく、現時点での噂等の情報をまとめたものとなります。 [2014.09.23 修正] 公式データに修正しました。 iPhone 6 / iPhone 6 Plus 発売日 2014年9月19日 サイズバリエーション iPhone 6 (4.7インチ) / iPhone 6 Plus (5.5インチ) 解像度 iPhone 6 : 1,334 x 750 px iPhone 6 Plus : 1,920 x 1,080 px ピクセル密度 iPhone 6 : 326ppi / iPhone 6 Plus : 401ppi ※iPhone 5は326ppi ストレージ容量 16GB / 32GB / 64GB / 128GB カラーバリエーション スペースグレー/シルバー/ゴールド 本体価格(SIMフリー版) 67,800円(32GB) / 77,800円(64GB) / 87,800円(128GB) iPhone 6 : 67,800円(16GB) / 79,800円(64GB) / 89,800円(128GB) iPhonne 6 Plus : 79,800円(16GB) / 89,800円(64GB) / 99,800円(128GB) [2014.09.23 修正] スペック・価格を追加/修正しました。 補足事項 フロントパネルにサファイヤガラス使用 カメラ解像度1,000800万画素・手ぶれ補正の強化 iPod touch と同程度の薄型 iWatch(?)Apple WATCHとの連携のための施策 薄型化は横に広げることで実現ができたものの、ここら辺が現在の技術の限界値のように思えます。 iPhone 5s で登場したゴールドモデルは発売当初供給が間に合わなかったのですが、冒頭での強気な出荷台数が正しければ iPhone 6 ではある程度の品薄状態をカバー出来るかも知れません。 また、どこまで需要があるか分からない 5.5インチモデルですが、BGRによると、リリースは2015年になる可能性が示唆されています。※ [2014.09.23 補足] ※iPhone 6 / iPhone 6 Plus は 2014年9月19日に同時発売となりました。 個人的には単に画面が大きくなることよりも、防水仕様になればインパクトは大きいかと考えていますが、流出しているモックアップ画像を見る限りではフィフティ・フィフティといった感じでしょうか。 しかし、昨今のアクションカメラブームに合わせて、iPhone 6 でもカメラ周りの機能(手ぶれ補正)強化がおこなわれていると仮定すれば、耐衝撃、防塵、防水仕様※もまんざらでもないのかもしれません。 [2014.09.23 補足] ※今回の iPhone 6 は防塵・防水機能は見送られました。次回に期待しましょう。 国内SIMロック解除の動きとSIMフリーのデメリット 総務省が、本格的に国内キャリアのSIMロック解除の義務化に対するガイドラインを策定しているみたいです。 この動きを先読みしていたかのように、昨年末から SIMフリーの iPhone が日本の Apple Store でも購入できるようになっています。 もし今回のこの動きにより、国内の通信デバイスのSIMロック解除が義務化されたとしても、多くのユーザーにとってメリットは感じられないものかも知れません。 おそらく国内大手キャリア3社は、SIMロック解除後も談合同然の料金体系やサービスに対し何かしらの縛りをつけ、これまでどおり囲い込みを行うことが容易に想像できます。 もちろんキャリア縛りによる本体割引等がないため、使用期間を2年間に限定するのであれば、どんな安いMVNOで端末を維持しても、トータルの金額はキャリア縛りがある契約と比べてもややお得かトントン、データ通信を頻繁に行うようであればマイナスになります。 つまりSIMフリーのデメリットは「本体代金は全て自己負担になり維持費用も場合によっては高くなってしまう」ことだと思います。 しかし、自分自身が iPhone をどのように使っているかさえしっかり理解できたうえで MVNO を選択したのであれば、中長期的に見れば SIMフリー + MVNO は SIMロック iPhone(キャリア縛り)と比べ、月々の負担は大幅に軽減しますし、金銭面以外にも様々なメリットをもたらします。次項ではそのメリットを述べてみたいと思います。 SIMフリーのメリット 次に、SIMフリーのメリットを 現 iPhone 5 ユーザーである自身の視点から書き出してみたいと思います。 メリット1: キャリアに縛られない 当たり前ですが、2年間使い続けないと違約金が発生するという形態は気持ちのよいものではありません。 MNPもあるので、契約後に自分の使い方に向いている他キャリアのサービスを発見した場合でも、縛りにより簡単に乗り換えることができないので、こういったストレスがなくなることが一番のメリットだと思います。 メリット2: 同じ端末をずっと使い続けられる/すぐ乗り換えられる みなさんはこれまで iPhone 自体を使うのをやめようと考えたことはありませんか?私はあります。 ガラケーの時は壊れるまで使っていた携帯も、今や2年ごとに買い換えるといった循環が iPhone により生まれました。 決して安くはない月額費用に加え、壊れてもいない iPhone を、縛りが切れるタイミングで半強制的に買い換えなければいけないことはストレスです。本来楽しいはずの買い替えのタイミングを、キャリア縛りによりコントロールされたくないものです。 SIMフリーであれば、発売日に飛びつかず、周りが使っている様子をみてから買い換えることも、バッテリーの劣化がひどくなるまで、もしくは壊れるまで使い続ける事もできます。もちろん使い続ければ使い続けるほど、キャリア縛り組との金銭的格差は縮んでいきます。 また、これとは反対に最新機種にすぐ乗り換えたい場合でもSIMフリーが有利です。 iPhone は1年毎に最新機種がリリースされています。もし、現在 iPhone 6 を SIMフリーで購入した場合、キャリア縛りがないため1年後にリリースされるであろう iPhone 6s に乗り換えることも容易です。手元に残った 1年落ちの旧機種も、SIMフリーであればオークション等では高額(半額以上)で取引されているため、旧機種を早めに手放すことにより最新機種の代金の大部分を補填することができます。 メリット3: 使用端末を環境により切り替えることが出来る プライベートなことなのですが、自身が… 続きを読む

お知らせ:第2弾のiPhoneアプリ開発の経過報告(2)

今年4月中旬から開発を進めている sirochro 第2弾のiPhoneアプリ開発の経過を報告します。 第2弾iPhoneアプリ開発の経過報告 開発状況 Objective-Cのビューに着手していたのですが、割り込み案件が発生したため開発を一時ストップしています。 多少リリースが遅れる可能性があります。 開発進捗率 20% タスク JavaScript のモック制作(100%) Objective-C への移植作業(10%) エフェクト制作と実装(0%) レベルデザイン(0%) ベータ版完成(0%) デバッグ(0%) アプリの最終調整(0%) アプリの名称決定(20%) アイコン・グラフィック制作(40%) マニュアル作成(0%) ローカライズ(0%) App Store 資料作成(0%) アプリの申請(0%) sirochro.com プロモーション(0%) 開発中のiPhoneアプリの仕様詳細 アプリの名称 「sirochro無料ゲーム(仮称)」 アプリの概要 無料ゲームアプリで広告を表示。アプリ内課金はなし。ゲームのルールは説明不要かつシンプルなもので、効果・演出・レベルデザインにリソースを集中させる予定。 ローカライズ 英語版・日本語版の2か国語に対応予定。演出上、英語表記が適切だと判断している部分が多いため、ほぼ英語。 リリーススケジュール 2014年8月上旬にベータ版完成、8月中旬にアプリ申請、8月下旬リリース予定。 まとめ 引き続きアプリ開発の進捗状況は sirochro.com で報告していきますのでお楽しみに。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

JavaScript:即使用可能!JavaScript と jQuery のフォーム値取得テンプレート

form の値を取得するための JavaScript と jQuery のソースコードを一覧にし、コーディング時にそのまま使えるテンプレートとしてまとめました。 実際の動きがイメージしやすいように、実行サンプルと結果もセットにしました。ご活用下さい。 JavaScript と jQuery のフォーム値取得テンプレート サンプルコードの「取得」ボタンをクリックすれば結果が出力されます。 ボタン <input type=”button”/> HTML JavaScript jQuery サンプル 結果 テキスト <input type=”text”/> HTML JavaScript jQuery サンプル 結果 数値(HTML5) <input type=”number”> HTML JavaScript jQuery サンプル 結果 チェックボックス <input type=”checkbox”> HTML JavaScript サンプル A  B  C  結果 ラジオボタン <input type=”radio”> HTML JavaScript サンプル A  B  C  結果 セレクトボックス(単数選択) <select name=”select”> HTML JavaScript サンプル single A single B single C 結果 セレクトボックス(複数選択) <select name=”select” multiple> HTML JavaScript サンプル multiple A multiple B multiple C 結果 ※サンプルの結果は「出力」ボタンのクリックイベントで output($output) の値を出力したものとなります。 まとめ チェックボックスやラジオボタン、セレクトボックスの要素取得は、やはり jQuery が便利ですね。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

JavaScript:call と apply の使い方と違いについて

JavaScript には call と apply というメソッドがありますが、両者の違いを説明してくれている情報を元に、自分なりに分かりやすくまとめてみました。 いきなり結論から call と apply の違いは引数の書き方だけ。2番目以降の引数が連続した引数のリストか、引数の配列を一つだけ受け取るか。 だそうです(笑) 言葉で理解することは簡単なのですが、このままでは使用用途が明確ではないので、実際にサンプルコードをみながら次のような順で、両者の違いを詳しく見ていきたいと思います。 説明の概要 call と apply の概要とその役割 call について apply について まとめ call と apply の概要とその役割 そもそも call や apply はどういったメソッドなのでしょうか。 以下のサンプルコードでは、sample_c インスタンスからそれぞれ apply と call を使って sample_b を呼び出し実行しています。このサンプルコードの場合は call も apply も同じ動きをします。 サンプルコード 結果 このように、apply や call を使えば、コンストラクタのメンバ変数を、あらゆる場所から呼び出すことが出来るようになります。 call について call の概要 thisArg は method の this パラメータとして使われる値。thisArg を null か undefined とすると、グローバルオブジェクト(Window)となる。arg1, arg2,… は method に渡される引数。 サンプルコード 結果 this は自身のオブジェクト Men Women を指し、Men Women からそれぞれ Person を call で呼び出し、name, age を引き渡しています。 ログ出力では、this がそれぞれ自身のオブジェクトを指し、インスタンスから各プロパティにアクセスすると、それぞれの値が格納されていることが確認できます。 apply について apply の概要 thisArg は call と同様、method の this パラメータとして使われる値。thisArg を null か undefined とすると、グローバルオブジェクト(Window)となる。argsArray は method に渡される引数。 サンプルコード 結果 このサンプルコードでは2つの apply を使っています。 まず最初に、father, mother の各プロパティの値を配列 fArray, mArray とし、Gender から Person を apply で呼び出し、引数を配列 args で引き渡しています。 次に、Person 側では受け取った配列がオブジェクトなので、arguments オブジェクトから apply で Array のメソッドを呼び出し配列として扱えるようにしています。 ログ出力では call のときと同じように、各プロパティの値が出力されていることが確認できます。 まとめ call や apply を使用すれば、あらゆる場所から、オブジェクト内に定義されたメンバ関数を使用することが出来るようになってしまいます。 この辺が JavaScript が柔軟であり、混乱する理由のひとつといえるかと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。