Tag WWDC

Apple:WWDC2014 が開幕。 OS X 10.10 Yosemite と iOS 8, そして Swift の発表。

現地時間2日午前10時(日本時間3日午前2時)に アップルの開発者イベント WWDC (Worldwide Developer Conference) 2014 が開幕しました。 今回の WWDC の内容はその名の通り開発者に向けられた内容ばかりで、iPhone 6 や Mac mini 等のハードに関する発表は皆無でした。 OS X Yosemite 個人的に気になったものをピックアップしました。 OS X Yosemite(ヨセミテ) デザインを一新。iOS 7 と同じフラットデザイン。 背景色が半透明に。 アイコンもすっきり。 フォントのプロポーションも変更。 Notification Center ウィジェットが格納され、レイアウトがカスタマイズできるようになりました。ダッシュボード が Notification Center と統合、と言うことでしょうか。 Spotlight スポットライトの検索ウインドウが画面中央に表示され、ローカルのみならず Web 上の検索も可能。alfred のような挙動に。alfred 危うし。 「スシ」「ゴジラ」日本を意識したプレゼンテーションですね。今や日本は Apple にとって重要なマーケットであることが伺えます。 safari バーがシンプルに。 continuity Handoff iPhone で作成中のメッセージが Mac 上でも同期され、編集が可能。ここでも「カラオケ」というキーワードが登場。 Mac からの電話の発信・受信が可能に。Web 上の電話番号をタッチすればそのまま電話ができます。ここでまた「スシ」が登場。日本ゴリ押し。 先日 Apple が30億ドル(約3,000億円)で買収した beats の Dr. Dre も Apple の新入社員として電話で登場。 iCloud Drive DropBox のように Finder から iCloud のファイルにアクセス出来ます。 Spotlight の例といい、ある程度大規模なデベロッパーは Apple に買収されなければ、このように純正に取り込まれてしまう運命にあります。 Instant Hotspot パスワード入力なしで Mac 上から iPhone を経由しネットへの接続(テザリング)が可能。 リリース 開発者用のベータ版は本日からリリース。 2014年秋にリリース(無料)。 OS X 初のパブリックベータ版は夏にリリース。一般ユーザーもいち早く Yosemite に触れることが出来ます。 Yosemite まとめ UIデザインだけではなく、Mac、iPhone を意識することなくシームレスに連携が取れるようになりました。 iCloud もこれまでのフォトストリーム等の限られた用途だけでなく、クラウドストレージとしての役割が前面に出て、UX、ユーザビリティ共に飛躍的に向上している感じがしました。 iOS 8 グループチャット機能 LINE でおなじみのグループチャットが純正で対応しました。ここからさらにスタンプ機能を実装されると LINE の存在意義がなくなります。 ロケーションの交換・音声/ビデオメッセージがスムースに送信可能。これは便利。 QuickType 文脈の予測変換機能。手書き文字認識も実装。何故今までなかったのか。 日本語にも対応。日本語のサジェストにはユニークなロジックが必要だと思われますが、Apple は頑張ってくれました。 リリース 開発者用のベータ版は本日からリリース 2014年秋にリリース(無料) SDK Touch ID iPhone 6 が登場すれば、Touch ID もより一般化されるかと思いますが、その API が利用出来るようになります。 HealthKit と HomeKit 健康管理のHealthKit。 スマートホームのためのHomeKit。家電や照明のオンオフ、鍵のロック・アンロック等がアプリからオペレーション出来るようになります。 App Store 動画の掲載が可能に。 今年2月に買収した TestFlight により、ユーザーをベータテストに招待出来る機能も追加。ソーシャル課金ゲームには絶大な効果をもたらすのではないでしょうか。 最後にWWDCらしいすごいものが発表されました。Objective-C でも C でもない、新しいプログラミング言語の Swift です。 Swift Objective-C の障壁が高いことから、開発者の新規参入を促すために取り入れられた Swift というまったく新しい言語。特徴は以下の通り。 軽量かつ記述がシンプル 結果がリアルタイムに出力可能 Swift により開発されたアプリは App Store でのリリースが可能 従来の Objective-C コードも Swift なら・・・ こんなことに。 モダンな表現でとても魅力的なのですが、また覚え直しですか。。。 まとめ 今回の WWDC は随所に日本を意識したプレゼンテーションが目立ちました。 Mac OS X Yosemite も iOS 8 も以前のものと比べより洗練されています。これからはこの2つの OS を個別に考える事自体がナンセンスなのかもしれません。 今年の秋以降、これらの OS が実装されたハードウェアにより、QOL の向上に一役買ってくれることでしょう。いいものはどんどん使っていけばいいかと思います。 みなさんがお待ちかねの iPhone 6 や iWatch、Mac 等のハードウェアは WWDC 終了後、7月くらいに発表されると思われます。楽しみに待ちましょう。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Apple:WWDC2013よりMacOS X Mavericks,Mac Pro,iOS7.0の感想

日本時間の6月11日深夜2時より、注目のWWDC2013が始まりました。 テレビはすっかり見なくなりましたが、Apple関連のストリーミングはいつも視聴しています。 今回のWWDC2013の気になった要点をピックアップしました。