Tag Windows

eyecatch_image

Win: WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備する

Windows で Bash (Bash on Ubuntu on WIndows) が使えるようになりました。 今回は Windows 10 で Bash を使えるようにするための、WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備するメモしておきます。 目次 WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備する まとめ WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備する 開発者モードの有効化 Windows スタートメニュー の 設定 から 更新とセキュリティ を選び、左側の 開発者向け タブを選択 開発者モードを有効化 します。(選択後、関連ファイルのダウンロードに少々時間がかかります) WSL のインストール 管理者モード(右クリックから選択)で PowerShell ウィンドウ を起動 し以下を実行 再起動後、[スタート]メニューから Bash on Ubuntu on Windows が実行できるようになります。 まとめ WSL の登場で Windows 環境での Webアプリ等の開発も可能になってしまいました。 しかし iOS アプリは Mac でなければ開発できませんので、Apple は今以上に Mac による開発環境の強化を進めてもらいたいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。