Tag Nintendo

eyecatch_image

Nintendo: Nintendo Switch 本体の所感とオススメ周辺機器について

先週3日金曜に Nintendo Switch が発売されました。 Nintendo Switch に関しては、発売前より性能・開封・不具合報告等様々な情報があり、このプロダクトの注目の高さが伺えます。 任天堂のゲームは好きですが、今回は個人的なバイアスを排除して Nintendo Switch をレビューし、実際に買ってよかったアクセサリ等を紹介したいと思います。 目次 Nintendo Switch 概要 液晶保護シートは必須 純正ケースは価格相応の満足度 テーブルモードの充電はこれで解決 Nintendo Switch Pro コントローラについて まとめ Nintendo Switch 概要 本体についての詳細は公式ホームページや、YouTuber が解説してくれているので、ここではさっくりと概要を説明します。 性能 Switch を検討するユーザーはあまりマシン性能を気にする傾向にはありませんが、単純に数値だけで判断すれば PS3 とほぼ同じ、 PS4 の10分の1程度、と考えればいいかと思います。 デザイン これまでの任天堂らしい おもちゃ感 を排除したモダンなデザインとなっています。 Switch はハード・ソフト開発全般においての外観・グラフィックデザイン等においては、若手社員の意向がふんだんに取り入れられているとのことです。 品質 任天堂プロダクトの特徴である、耐久性、クラッシャブル構造、誤飲防止策といった、子供の利用を想定した工夫がこれまで通りいたるところに見受けられます。 コントローラ Joy-Con と呼ばれるコントローラが Nintendo Switch の ユニークな特徴 だと思います。 Joy-Con 自体のコントローラとしての役割は、ユーザーにとってそれほど新鮮な体験ではありませんが、ポータブルできる本体に対して、2つのコントローラが標準で付属 していることは、家族・友人とゲームを楽しむ敷居を低くすることに貢献しており、任天堂が掲げる「ゲーム人口の拡大」につながるアイデアだと感じました。 Joy-Con のもう一つの特徴である HD 振動に関しては、現在のところローンチタイトルである 1-2スイッチで体感できます。 確かに 繊細な振動を再現できている と思いますが、プレゼンテーションからの期待値が大きすぎたためでしょうか、思っていたほどすごいとは感じません でした。 注意点 個人的に購入時に気づいた Nintendo Switch に関する注意点です。購入時の参考になさってください。 Pro-Con のカラーリングは店頭で確認する ネオンブルー/ネオンレッド の ネオンレッド は画像で見るより 強烈な蛍光色 なので直接確認することをお勧めします。 本体や Pro-Con をケースに入れない方がよい ケースが Switch 本体・Pro-Con 間の電波を遮蔽する場合、Bluetooth 通信エラー等でコントロールの接続不良となる可能性があります。 本体や Pro-Con にステッカー等を使用しない方がよい 本体や Pro-Con 表面処理のコーティングがステッカー等を剥がすとき、一緒に剥がれてしまうみたいです。 ここで紹介したアイテム Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド ※プレミア価格になっている場合、特別な理由がない限り、プレミア価格で購入はしないようにしましょう。 液晶保護シートは必須 おもちゃであることと価格である程度判断できると思いますが、Nintendo Switch のスクリーンはガラスではありません。 海外の報告では、ドックからの抜き差しによりスクリーン表面に細かな傷がついた と報告が入っていますので、スマートデバイス以上に 保護フィルムは必須 だと思います。 今回使用したのはこのガラスフィルムです。 評価は低いですが、モノ自体にはなんの問題もなく、ガラスフィルムの特徴である「やり直しがきかない」ことを知らないで、普通のフィルムと同じ感覚で施工し 失敗したユーザーの評価 です。 なお、このガラスフィルムは、Nintendo Switch スクリーン下部にあるスピーカー部分は開くように設計されています。 ガラスフィルムは1発勝負 ですので、本体開封と同時に風呂場に直行し施工しました。作業時間は1分程度で完了します。 コツは、画面に対しガラスフィルムの 外側にどの程度遊びがあるかを実際に目視 し、ガラスフィルムの保護シートを外してからは 長辺1片を目視で確認した余白分で合わせ、その位置を信じて フタを閉じるようにパタンと倒し一気に貼り付けること です。 自信のない方は、無理をせず通常のフィルムを選択すればいいかと思います。 ここで紹介したアイテム ニンテンドースイッチ用液晶画面保護シート『強高度 (9H) ガラスフィルムSW』 -SWITCH- 純正ケースは価格相応の満足度 純正ケースはケースのロゴがクリアーで印刷されているため全体的に控えめで、大人が持ち歩いても恥ずかしくない シンプルで上品なデザイン です。 今回はガラスフィルムを別途購入しましたが、ケースには 保護フィルムも付属 しているので価格相応の商品だと思います。 ケース内部にはパーティションがあり、そこにゲームソフトやメモリカード等が収納できます。 パーティションを立てると本体のスタンドを利用することなく、丁度良い角度でテーブルモードでのゲームが楽しめます。 ここで紹介したアイテム Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き) ※プレミア価格になっている場合、特別な理由がない限り、プレミア価格で購入はしないようにしましょう。 テーブルモードの充電はこれで解決 発売前に テーブルモードでのプレイ時に給電ができない ことが話題になっていましたが、本体の機能として充電できなくなっているわけではありません。 今回 Switch のために購入したスタンドは、Nintendo Switch 専用のものではなく、 スマホ・タブレット用のスタンドです。 USB-C の給電コネクタが本体下部にありますので、本体下部が開くような形状のスタンドに立てかければ、テーブルモードでプレイしながらの給電は可能 です。 値段は 3,000円弱と少し高いですが、Nintendo Switch だけではなく、iPhone や iPad とも兼用できますし、剛性、重量ともにしっかりしており、角度・高さ調整がフレキシブル、コンパクトに折りたためる ので非常にオススメです。 ここで紹介したアイテム iDudu iPhone スマートフォン スタンド デュアル 折り畳み式 ポータブル タブレット用スタンド アルミニウム製 (折り畳み式, ブラック) Nintendo Switch Pro コントローラについて 「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」をプレイする方は Nintendo Switch Proコントローラーは 必須 だと思います。 その理由は、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでは、プレイ中に「+」「-」ボタンへ頻繁にアクセスする必要があるのですが、Joy-Con の「+」「-」ボタンが押し辛い位置にあるため です。 左十字キー、右スティックも「+」「-」ボタン同様頻繁にアクセスしますが、親指に無理な負担をかけることなく操作可能です。 ゲームコントローラとしては高価ですが、Bluetooth ゲームコントローラとして PC… 続きを読む

Apple:iPhone 5sとMac miniとファミコンと・・・

先日発売されたiPhone 5sの性能が3年前のMac mini(Mid 2010)とほぼ同等らしい。 Macs Futureのおこなったベンチマークテストによると、GeekbenchでのスコアがMac mini(Mid 2010)は2572、iPhone 5sは2552と僅差に迫っています。 Benchmark Mac product namescore MacBook Pro (13inch Mid 2009)2592 Mac mini (Late 2009)2588 Mac mini (※Mid 2010)2572 iMac (Mid 2007)2462 MacBook Pro (Late 2008)2452 ※Macs Futureでは(Eary 2010)となっていますがWikipediaによると2010モデルは(Mid 2010)となっているため修正しています。 Benchmark iPhone product namescore iPhone 5s2552 iPhone 51269