Tag MacBook

Apple: iPhone 6s Plus / iOS 9 / El Capitan まとめてレビュー

毎年のことながら、今回の iPhone 6s / 6s Plus も出荷台数が過去最高を更新し、発売から3日間で1300万台を突破しましたが、もう驚きません。 そんななか、先日ついに iPhone 6s Plus(SIMフリー版)が到着いたしました。 iPhone 6s / 6s Plus や iOS 9、Mac OS X(El Capitan)については、リリースから日数が経過しているため、参考になる様々なレビューを数多く見かけますが、今回レビューのリリースに関して、スピードではかなわなかったので、これらを一気にまとめて、個人的な相互の使い勝手等を踏まえたレビューを行ってみたいと思います。 ※コンテンツの一部画像に GIF アニメを使用しているので、ページのロードに時間がかかります。 目次 iPhone 6s Plus 準備 iPhone 6s Plus 開封 SIM カード装着 アクセサリ・純正ケース装着 iPhone 6 の純正ケース(使用前・使用後)比較 iPhone 6s Plus レビュー 3D Touch Touch ID 2.0 ライブフォト Siri iOS 9 レビュー メモ帳 iCloud Drive hulu アプリ(iPad 版) Air Drop El Captan レビュー Instant Hotspot Split View ディスクユーティリティ一新 日本語入力とユーザー辞書 iPhone 6s Plus 準備 iPhone 6s Plus 開封 開封します。ずっと iPhone を使い続けているため、ここの表現は割愛させていただきますが、見た目、開封のしやすさ、開けた時の感動、すべてが行き届いている非常にクオリティの高いパッケージングです。 SIM カード装着 iPhone 6 / 6s Plus と純正ケースを用意します。 iPhone 6 から IIJ mio の SIM を取り出し、この後のガラスフィルムの施工を考慮し、ディスプレイに触れないように注意し iPhone 6s Plus へ SIM を差し替えます。 これで移行作業は完了です。SIM フリーは素晴らしいですね。iPhone 6 には家族が使用している SIM を差して引き続き使用します。 アクセサリ(ガラスフィルム)施工 間髪入れず Anker のガラスフィルムを用意します。赤い箱はこの後レザーケースに使用するミンクオイルです。 iPhone 6 のときには苦労して施工したガラスフィルムですが、この Anker のガラスフィルムは非常にインストールが容易な工夫がされています。 フィルム施工前にガラスフィルムの位置を合わせ、付属のステッカーでヒンジを作り、ガラスフィルムの保護シートを剥がしたあとはパタンと閉じれば、一発で完璧な位置にピタッと張り付いてくれました。これでやっと気兼ねなくディスプレイにタッチできます(笑) iPhone 6 で使っていたガラスフィルムは、今年前半にディスプレイ面から落下させてしまい破損しています。 施工当初は「こんなものを貼って自己満足以外に意味はあるのか」とも思ってましたが、ディスプレイ面からの落下時に、ガラスフィルムが割れ衝撃が分散されているので、効果はあるのかもしれません。 ケースの四隅には落下時の傷跡が多く見られますが、曲面ガラスを完全に防護してくれているため、幾度か落下させているものの大事に至らず、本体は傷一つない状態を維持できていました.。 iPhone 6 の純正ケース(使用前・使用後)比較 今回も Apple 純正レザーケースの茶を購入しました。 右側のケースは1年間使用した iPhone 6 の純正レザーケースです。 iPhone 6 のケースは黒に見えますが、実際はとても味わいのある焦げ茶色です。 そして、iPhone 6 同様、純正レザーケースには使用前にミンクオイルを儀式的に塗りました(笑) ミンクオイルを使用することで、新品の色合いが落ち着いた茶色になり、ある程度の磨耗や、水滴によるレザーの劣化を防ぎ、レザー本来の色合いの変化を楽しむことができます。2度塗り(右側画像)することでさらに暗みと怪しさが増します(笑) 以上で iPhone 6s Plus の準備は完了です。 使用したアクセサリのリンク 【iPhone6s対応 / Amazon.co.jp限定】 IIJmio SIM ウェルカムパック nanoSIM ( SMS ) 版 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] IM-B099 Anker® iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム 3D Touch対応 9H硬度の液晶保護 & 96%の透過性 【18ヶ月保証】 Anker iPhone 6 Plus (5.5インチ用) 3D Touch対応 強化ガラス液晶保護フィルム 9H硬度の液晶保護 & 96%の透過性 【18ヶ月保証】 [コロンブス] columbus ミンクオイル シューズ・レザーグッズ用 45g【HTRC3】 iPhone 6s Plus レビュー 3D Touch 今回一番試したかった新機能はこの 3D Touch でした。… 続きを読む

Apple: スペシャルイベント Spring forward で 新しい MacBook 12インチを発表!

日本時間 3月9日の午前2時より Apple のスペシャルイベント Spring forward が開催されました。 今回のイベントで、発表されると事前に噂されていたプロダクトは以下の通りでした。 iWatch MacBook Air 12.2(12.9)インチ iPad Pro iWatch がらみで Apple TV 等の発表も噂されていましたが、個人的には今回のイベントは iWatch のみの発表にとどまると予想していました。 それでは、実際はどうだったかをみていきましょう。 スペシャルイベント Spring forward の概要 Apple Store 中国に出来た Apple Store の紹介から。デザインもさることながら、この建築技術はすごいですね。 Apple TV Apple TV の新しいストリーミング HBO の紹介の後、Apple TV が $99 から $69 へのの値下げを発表しました。 Health Kit Medical Research -> Reserch Kit の紹介。単なる健康に対してではなく、ガンや高血圧、といった個別の初期症状に対して調査を行い、健康を管理するためのアプリ開発を容易にするオープンソースSDKです。アプリからタッチテストや声による病気の判定等が行えるようです。 MacBook MacBook の発表です。iWatch より先に来ました。これはサプライズです。 これは薄い。しかも iPhone 同様、従来のシルバーに加え、スペースグレイとゴールドがラインナップとして追加されています。 Retine 12インチです。 2304*1440ピクセル。 ずっと気になっていたヒンジの部分まで、全てアルミニウムになりました。 キーボードのキーも全く一からの新しい設計。キータッチの感触がどうなっているのかが気になります。 キーのLEDが各キー毎に配置されています。 トラックパッドも圧力感知が実装され再設計されています。クリックする、タップする以外に強く押す、といったジェスチャーによるコントロールが可能になっているようです。 MacBook 初のファンレス。これは嬉しいですね。 ロジックボードが 67% 小さくなり、空いた部分に隙間なくバッテリーを敷き詰めています。この辺に Apple の本体を薄くすることへの執念を感じます。 ただ、これだけ効率よくバッテリーを配置しているにも関わらず、バッテリー持続時間は MacBook Air 11インチと変わらないみたいです。やはりそれだけ Retina は消費電力が激しいのでしょう。 電源、ディスプレイ、HDMI、USB、すべてのポートが USB-C 端子に統一。 新しい MacBook の外観サイズは 28.05cm × 19.65cm × 1.31cm(最大)、現行 MacBook Air 11インチ のサイズが 30cm × 19.2cm × 1.7cm(最大)です。 よって、奥行きは Air より 0.4cm ほど大きくなってしまいますが、幅はほぼ 2cm 小さくなり、画面サイズは 12インチと大きくなっています。 価格は $1299 $1599 の2つ。4月10日に発売。1ドルを120円で換算すると、155,880円、191,880円となりますが、Apple Store の日本の価格は 148,800円〜となっています。いずれにせよ円安が堪えますね。 4月10日発売。これは即買です。 Apple Watch Apple Watchです。 ファッション性をアピールしています。 前回の発表から大きな変更はありません。やはり気になるのが18時間というバッテリーの持続時間。iPhone と違い、毎日腕に着用する時計としてはいかがなものかと思います。 アルミ、ステンレス、とボディの素材と価格についての説明。ステンレスは$500オーバーです。高い。ゴールドの価格発表はないようです。ここらへんはクロージャーなのでしょう。 4月10日予約開始。24日発売。 まとめ サプライズは MacBook でした。Apple の ノートブック に関しては、今回の MacBook で完成してしまったのではないでしょうか。 少なくとも向こう5,6年は、マイナーアップデートもこのデザインで乗りきれるように、内部が設計されていると感じました。 また、この新しい MacBook の見た目はより薄く軽くなった Air なのですが、プロダクト名に Air が見当たりません。今回、既存の MacBook Air のアップデートは行われているようですが、今後は Air が消えていき、MacBook Pro と MacBook にラインナップが変わっていくのかもしれません。 iPhone 6 / 6 Plus の発売以来、販売不振の続く iPad に関しては Pro の発表はありませんでした。 今回は Apple Watch のためのイベントと思っていたら、MacBook のお披露目があり、嬉しい誤算でした。 Apple Watch は自分には不必要ですが、 MacBook は発売したら早速買い換えたいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Apple:MacBook ProでもMacBook Airでもない、MacBook 12インチモデルが出る?

新しいコンセプトの MacBook が、2014年リリースに向けて開発中らしい。 現在Appleのノートブックと言えば、MacBook Pro と MacBook Air の2つが存在するが、冒頭で MacBook となっているのは、MacBook Pro でもなく、MacBook Air でもない、おそらく両者の中間に位置する MacBook というプロダクトなのではないかと考えられる。 最近の Apple の言い回しだと、新しい MacBook という表現が正しいのかもしれない。 ソースは Apple プロダクトに関する情報の的中率が高いことで有名な、KGI Securities のアナリスト Ming-Chi Kuo氏。 MacBook Pro でも MacBook Air でもない、MacBook 12インチ 気になる形状やスペックについて 画面は12インチ Retina ディスプレイ、ボディの形状はクラムシェル型、外観・重量に関しては現行 MacBook Air よりも薄く、軽量になるらしい。この予想が的中するならどう考えても「買い」だ。 ボディ形状が MacBook Air のテーパー型ではなく、フラットなデザインになるのだろうか。ユニボディに変更となった現行 MacBook Air の形状はお気に入りだが、当初はこのテーパーに多少の違和感があり、フラットにして欲しいなと感じていたのでこのデザイン変更は大歓迎だ。 Retina 搭載の MacBook Pro は、光学ドライブがなくなり薄く軽量にはなったが、一度 MacBook Air に慣れてしまうと、いくら高性能でも重たくて分厚い MacBook Pro には全く魅力を感じない。 MacBook Air のように薄くて軽く、ボディ全体の薄さを追求したデザインは、考えるだけで期待が膨らむ。 可能性のある追加要素 予想の予想となってしまうが、iPhone 5sで採用された「Touch ID」が搭載された初の Mac になる可能性も十分にあるように感じた。 iTunesやApp Storeでのショッピングだけではなく、システムログインや各種インストール、複数ウェブサイトのパスワード管理が指紋認証により一元管理できれば最強のノートになるだろう。 情報からの推測と希望的観測 以上のことから、消費者(少なくとも自身の)ニーズは必要十分に吸収出来ているプロダクトになる可能性は大きい。多少強気の価格設定でも、ヒットは間違いないのではないだろうか。 このままでも十分魅力のあるプロダクトだが、欲を言えばサプライズ感に乏しいような気がしなくもない。 もしこの MacBook に自分なりのサプライズを加えるとしたら「ディスプレイがタッチパネルになる」もしくは「ディスプレイ自体が新しい規格のiPadで構成されている」となれば、かなりのサプライズだと思う。コスト面や MacBook Pro の事を考えるとかなり無理はあるが。 まとめ もし今回の予想に近いMacBookが発売されれば、現在自身が愛用している MacBook Air 11インチ(Mid 2012)が、この MacBook へと置き換わる可能性は高い。 それまでは、MacBook Air がサブでありながらメインに近い働きをする頼もしい存在であることに変わりはない。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。