Tag iOS

Apple:WWDC2014 が開幕。 OS X 10.10 Yosemite と iOS 8, そして Swift の発表。

現地時間2日午前10時(日本時間3日午前2時)に アップルの開発者イベント WWDC (Worldwide Developer Conference) 2014 が開幕しました。 今回の WWDC の内容はその名の通り開発者に向けられた内容ばかりで、iPhone 6 や Mac mini 等のハードに関する発表は皆無でした。 OS X Yosemite 個人的に気になったものをピックアップしました。 OS X Yosemite(ヨセミテ) デザインを一新。iOS 7 と同じフラットデザイン。 背景色が半透明に。 アイコンもすっきり。 フォントのプロポーションも変更。 Notification Center ウィジェットが格納され、レイアウトがカスタマイズできるようになりました。ダッシュボード が Notification Center と統合、と言うことでしょうか。 Spotlight スポットライトの検索ウインドウが画面中央に表示され、ローカルのみならず Web 上の検索も可能。alfred のような挙動に。alfred 危うし。 「スシ」「ゴジラ」日本を意識したプレゼンテーションですね。今や日本は Apple にとって重要なマーケットであることが伺えます。 safari バーがシンプルに。 continuity Handoff iPhone で作成中のメッセージが Mac 上でも同期され、編集が可能。ここでも「カラオケ」というキーワードが登場。 Mac からの電話の発信・受信が可能に。Web 上の電話番号をタッチすればそのまま電話ができます。ここでまた「スシ」が登場。日本ゴリ押し。 先日 Apple が30億ドル(約3,000億円)で買収した beats の Dr. Dre も Apple の新入社員として電話で登場。 iCloud Drive DropBox のように Finder から iCloud のファイルにアクセス出来ます。 Spotlight の例といい、ある程度大規模なデベロッパーは Apple に買収されなければ、このように純正に取り込まれてしまう運命にあります。 Instant Hotspot パスワード入力なしで Mac 上から iPhone を経由しネットへの接続(テザリング)が可能。 リリース 開発者用のベータ版は本日からリリース。 2014年秋にリリース(無料)。 OS X 初のパブリックベータ版は夏にリリース。一般ユーザーもいち早く Yosemite に触れることが出来ます。 Yosemite まとめ UIデザインだけではなく、Mac、iPhone を意識することなくシームレスに連携が取れるようになりました。 iCloud もこれまでのフォトストリーム等の限られた用途だけでなく、クラウドストレージとしての役割が前面に出て、UX、ユーザビリティ共に飛躍的に向上している感じがしました。 iOS 8 グループチャット機能 LINE でおなじみのグループチャットが純正で対応しました。ここからさらにスタンプ機能を実装されると LINE の存在意義がなくなります。 ロケーションの交換・音声/ビデオメッセージがスムースに送信可能。これは便利。 QuickType 文脈の予測変換機能。手書き文字認識も実装。何故今までなかったのか。 日本語にも対応。日本語のサジェストにはユニークなロジックが必要だと思われますが、Apple は頑張ってくれました。 リリース 開発者用のベータ版は本日からリリース 2014年秋にリリース(無料) SDK Touch ID iPhone 6 が登場すれば、Touch ID もより一般化されるかと思いますが、その API が利用出来るようになります。 HealthKit と HomeKit 健康管理のHealthKit。 スマートホームのためのHomeKit。家電や照明のオンオフ、鍵のロック・アンロック等がアプリからオペレーション出来るようになります。 App Store 動画の掲載が可能に。 今年2月に買収した TestFlight により、ユーザーをベータテストに招待出来る機能も追加。ソーシャル課金ゲームには絶大な効果をもたらすのではないでしょうか。 最後にWWDCらしいすごいものが発表されました。Objective-C でも C でもない、新しいプログラミング言語の Swift です。 Swift Objective-C の障壁が高いことから、開発者の新規参入を促すために取り入れられた Swift というまったく新しい言語。特徴は以下の通り。 軽量かつ記述がシンプル 結果がリアルタイムに出力可能 Swift により開発されたアプリは App Store でのリリースが可能 従来の Objective-C コードも Swift なら・・・ こんなことに。 モダンな表現でとても魅力的なのですが、また覚え直しですか。。。 まとめ 今回の WWDC は随所に日本を意識したプレゼンテーションが目立ちました。 Mac OS X Yosemite も iOS 8 も以前のものと比べより洗練されています。これからはこの2つの OS を個別に考える事自体がナンセンスなのかもしれません。 今年の秋以降、これらの OS が実装されたハードウェアにより、QOL の向上に一役買ってくれることでしょう。いいものはどんどん使っていけばいいかと思います。 みなさんがお待ちかねの iPhone 6 や iWatch、Mac 等のハードウェアは WWDC 終了後、7月くらいに発表されると思われます。楽しみに待ちましょう。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Developer:iOSデバイスの起動画面(Splash)の画像サイズ一覧(2013年最新版)

iOSデバイスの起動画面のファイル名と画像サイズの一覧を作成しました。 iOSデバイス(iPhone iPad)の起動画面(Splash)ファイル一覧(2013年最新版) 単位は全てピクセル(px)です。 ファイル名画像サイズデバイス名備考 Default.png320 × 480iPhone3G / 3GS Default@2x.png640 × 960iPhone4 / 4S Default-568h@2x.png640 × 1136iPhone5 以降 Default-Portrait.png768 × 1004iPad / iPad2 / iPad mini縦表示(※) Default-Portrait@2x.png1536 × 2008iPad 第3世代 Default-Landscape.png1024 × 748iPad / iPad2 / iPad mini横表示(※) Default-Landscape@2x.png2048 × 1496iPad 第3世代 ※iPadのポートレイト(縦表示)とランドスケープ(横表示)の画面サイズ比率は同じではない まとめ iOSデバイスのスクリーンサイズは落ち着いてきましたが、互換性を優先してサイズの種類を増やすのではなく、減らす方向でお願いします。Appleさん。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、ブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。 関連する項目 Developer:App Storeアイコンサイズ一覧(iOS 7対応・2013年最新版)

Developer:App Storeアイコンサイズ一覧(iOS 7対応・2014年最新版)

iOS7ではApp Storeのアイコンサイズが変更され、キリが良くなりました。 iOS6との比較を一覧にしましたのでご活用下さい。 更新履歴 [2014.04.04] icon.png, icon-60.png に関する記述を追加・修正しました。 App Storeアイコンサイズ(iOS7対応) iOS6とiOS7での違いをわかりやすくするため表に起こしました。単位は全てピクセル(px)です。 新しく追加された icon-60.png に関しては iOS7 に対応する非Retinaデバイスが存在しないため、現在のところ不要みたいです。 iPhoneアプリアイコンサイズ ファイル名 画像サイズ(iOS7〜) 画像サイズ(〜iOS6) icon.png 57 × 57 (10) 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) 114 × 114 (20) icon-60.png 60 × 60 (10) icon-60@2x.png 120 × 120 (20) icon-small.png 29 × 29 (5) 29 × 29 (5) icon-small@2x.png 58 × 58 (10) 58 × 58 (10) iTunesArtwork 512 × 512 (90) 512 × 512 (90) iTunesArtwork@2x 1024 × 1024 (180) 1024 × 1024 (180) iPadアプリアイコンサイズ ファイル名画像サイズ(iOS7〜)画像サイズ(〜iOS6) icon.png 57 × 57 (10) 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) 114 × 114 (20) icon-60.png 60 × 60 (10) icon-60@2x.png 120 × 120 (20) icon-72.png72 × 72 (12)72 × 72 (12) icon-72@2x.png144 × 144 (25)114 × 114 (25) icon-small-50.png50 × 50 (9)50 × 50 (9) icon-small-50@2x.png100 × 100 (18)100 × 100 (18) iTunesArtwork512 × 512 (90)512 × 512 (90) iTunesArtwork@2×1024 × 1024 (180)1024 × 1024 (180) iPhone & iPadユニバーサルアプリアイコンサイズ ファイル名画像サイズ(iOS7〜)画像サイズ(〜iOS6) icon.png 57 × 57 (10) 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) 114 × 114 (20) icon-60.png 60 × 60 (10) icon-60@2x.png 120 × 120 (20) icon-72.png72 × 72 (12)72 × 72 (12) icon-72@2x.png144 × 144 (25)114 ×… 続きを読む

Apple:iOS 7がリリース!アップデート後の感想と気になるユーザビリティについて。

日本時間9月19日の午前2時、ついにiOS 7がリリースされました。 ジョニーがOSのデザインにも関わったことで期待していました。また、賛否両論あるUIに関しても、個人的にこの変更は大歓迎でした。 いつもながらすぐさまインストールしたので(笑)ファーストインプレッションと使用感を報告したいと思います。 iOS 7へアップデート なかなかダウンロードがはじまらない 2時30分過ぎにiPhoneの設定からソフトウェアアップデートを実行していたのですが、アクセスが集中しているためかなかなかダウンロードが開始されず、結局ダウンロード完了までに40分近くかかってしまいましたが、まあ、仕方ないですね。。 アップデート開始 アップデート中に表示されるプログレスバーがすでにフラットデザインです。ここらへんの画面はスナップショットが撮れないので、iPhone4で撮影しました。 アップデートには約20分近くかかりました。ダウンロードからアップデートまで約1時間なので、ゆっくりと時間がとれるタイミングで行う必要があります。 起動すると各国語でこんにちはが表示されます。 ロック解除が画面全体のスワイプに これまではスイッチをスライドさせてiPhone本体のロック解除をおこなっていましたが、iOS 7ではスイッチ自体がなくなり、画面をスワイプすることでパスワード入力画面に遷移する仕組みになっています。 よく行うアクションなので、これは使いやすいと感じました。Touch ID付きのiPhone 5sならこのストレスもないのでしょうが。。。 あまり感動しなかったホーム画面のエフェクト 結構楽しみにしていたホーム画面の壁紙に奥行きが出る3Dエフェクトですが、自作Mac Pro風パンチングメタルのパターン背景ではいまいちパッとしませんでした(笑) コントロールセンターが便利すぎ 画面下端から上部にスワイプすると現れるコントロールセンターがとても便利です。 従来のミュージックコントロールに加え、wifiやBluetoothの切り替え、フラッシュライトの機能まで実装されています。 フォルダのアクションと操作性がグッド フォルダをタップした時のアクションと表示がホーム画面上に割り込んで表示されるものから、フォルダにフォーカスされるように変更されて視認性、操作性が良くなりました。 ヴィジュアルがフラットになった分、アニメーションによって効果的にユーザビリティをコントロールしています。 まとめ ユーザビリティと言っても純粋な機能性からなるユーザビリティと、ユーザーエクスペリエンスが加味されたユーザビリティが存在します。 人は何かしらの体験や経験をもとに自らの行動を簡略化する生き物なので、ユーザビリティは刻一刻と変化していくものです。 iOS 7のフラットデザインはドロップシャドウや立体感をしかるべきところで使用していないため、タッチパネルでの操作が大半を占めるiPhoneではユーザビリティの低下を招くと否定的に見る方もいるみたいです。 しかし、Appleは自社の持つノウハウやユーザーテストに加え、これまでのiOSの開発経験を活かしフラットデザインを取り入れているため、ヴィジュアルの変更により操作に困惑するケースは限りなくゼロに近いはずです。 今回のiOS 7はApple自ら築いてきたユーザーエクスペリエンスを巧みに活用し、リファインをおこなっている優れたオペレーションシステムだと感じました。 不具合など気にせず、すぐさまアップデートしましょう!(笑)

Apple:iPhone 5c、iPhone 5sが発表!iPhone 5sに買い換えるか悩む・・・

日本時間の11日午前2時、Appleのスペシャルイベントにて新しいiPhoneが発表されました。 廉価版のiPhone 5cについてはiPhone 5を所有している方には特筆すべきものはなく、リーク情報に近い内容のスペックでした。 さて、問題はiPhone 5sです。 気になるiPhone5SのTouch ID © 2013 Apple Inc. All rights reserved.

Apple:WWDC2013よりMacOS X Mavericks,Mac Pro,iOS7.0の感想

日本時間の6月11日深夜2時より、注目のWWDC2013が始まりました。 テレビはすっかり見なくなりましたが、Apple関連のストリーミングはいつも視聴しています。 今回のWWDC2013の気になった要点をピックアップしました。

Developer:iPhone iPad iOSデバイスの画面サイズとApp Storeアイコンサイズ一覧(2013年最新版)

iOSの各デバイスの画面サイズや、アプリ制作・申請時に必要なアイコンサイズをリスト化しました。 iOSデバイスの画面サイズとApp Storeアイコンサイズ 青文字はRetinaディスプレイモデル、ならびにRetinaデバイス表示用のファイルで、単位は全てピクセル(px)です。 iOSデバイスの画面サイズ iPhone3GS 320 × 480 iPhone4 960 × 640 iPhone4S 960 × 640 iPhone5 1,136 × 640 iPad (1’st Generation) 1,024 x 768 iPad 2 1,024 x 768 iPad (3’rd Generation) 2,048 × 1,536 iPad (4’th Generation) 2,048 × 1,536 iPad mini 1,024 x 768 iPhoneアプリアイコンサイズ icon.png 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) icon-small.png 29 × 29 (5) icon-small@2x.png 58 × 58 (10) iTunesArtwork 512 × 512 (90) iTunesArtwork 1024 × 1024 (180) ※()は角丸の半径 iPadアプリアイコンサイズ icon.png 57 × 57 (10) icon@2x.png 114 × 114 (20) icon-72.png 72 × 72 (12) icon-72@2x.png 144 × 144 (25) icon-small-50.png 50 × 50 (9) icon-small-50@2x.png 100 × 100 (18) iTunesArtwork 512 × 512 (90) iTunesArtwork 1024 × 1024 (180) ※()は角丸の半径 まとめ Appleの新しいデバイスが登場するのはとてもエキサイティングなのですが、開発側としては、もうこれ以上画面やアイコンのサイズを増やさないで貰いたいものです。

Developer:リジェクトされないために App Storeレビューガイドラインの和訳 2015年最新版

App Storeでアプリリリース時の審査基準となるレビューガイドライン。 初めての iOS アプリ開発において、英文であることを理由に熟読しないまま理解したつもりで開発を始めてしまい、何度もリジェクトを経験しました。 このときのリジェクトによる苦い経験から、少しでも日本の開発者の役に立てればと思い、App Store Review Guidelines を和訳(一部意訳)しました。 あえて訳さない方が適切と思われる名称やセンテンスについては、原文のままの表現を用いています。(本コンテンツに対してのご意見・不備・間違い等ありましたらこちらからご連絡いただければ幸いです) 開発者のスキル・レベルに関係なく、一読すればきっとリリースまでの道のりが短くなります。ご活用下さい。 更新履歴 [2015.12.23] 11.6項の誤りを修正しました。おのでら様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2015.12.21] 11.9項の誤りを修正しました。匿名希望様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2015.06.26] 11.17項を追加しました。sakuyan様、ご連絡いただきありがとうございました。 [2015.06.19] 9.4項を更新しました(64kbps -> 192kbps)すがはら様、ご連絡いただきありがとうございました。 [2015.06.04] レビューガイドラインに 25-28 項追加しました。すがはら様、ご連絡いただきありがとうございました。 [2014.10.10] 11 項目の誤植(通過 -> 通貨)を修正しました。町田様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2014.07.09] 2.7 項目の誤訳を修正しました。pernodd様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2014.05.01] 2.15 項目の誤り(50MB -> 100MB)を修正しました。開発要員A様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2014.02.18] 24.Kids Category の追加と HTML タグ、翻訳の誤記を修正しました。 [2013.07.20] コンテンツの本文を修正しました。 [2013.07.14] 一部コンテンツ内容の構成を変更しました。