Tag iOS Dev Center

eyecatch_image

Developer: iOS Certificates 作成手順(2016年最新版)

毎年この時期になると Apple Developer 証明書関連の更新が必要になってきます。 iOS アプリ開発者なら、最低でも年に1度は必ず行わなければならない作業なので、今回はよりシンプルに分かりやすく説明したいと思います。 目次 Certificates 作成の準備(ローカル) Certificates 作成の手順(リモート) まとめ Certificates 作成の準備(ローカル) キーチェーンアクセスの起動 アプリケーション -> ユーティリティ -> キーチェーンアクセス.app を起動 キーチェーンアクセス キーチェーンアクセス(メニュー) -> 環境設定 キーチェーンアクセスの環境設定 証明書のタブを選択 オンライン証明書状況プロトコル (OCSP): 切 証明書失効リスト (CRL): 切 設定を確認したら次の手順へ。 認証局に証明書を要求 キーチェーンアクセス(メニュー) -> 証明書アシスタント -> 認証局に証明書を要求 証明書アシスタント ユーザーのメールアドレス: 開発者のメールアドレス 通称: 適当な名前 CAのメールアドレス: 無記入 要求の処理: ディスクに保存 と 鍵ペア情報を指定 にチェック CertificateSigningRequest.certSigningRequest を任意の場所(ここではデスクトップ)に保存するように指定 鍵ペア情報は以下のように設定します。 鍵のサイズ: 2084ビット アルゴリズム: RSA 続ける -> CertificateSigningRequest.certSigningRequest がデスクトップに保存される。 Certificates 作成の手順(リモート) Apple Developer Apple Developer -> Certificates Identifiers & Profiles にアクセス Developer アカウントでログインします。 Certificates Identifiers & Profiles を選択。 ここでは iOS Apps の Certificates を選択。 Certificates Identifiers & Profiles Certificates(左カラムメニュー) -> All -> 「+」(右カラム) Add iOS Certificate iOS App Development(開発用) か App Store and Ad Hoc(製品用) のどちらかを選択。 Continue をクリック。 Chose File からデスクトップに作成された CertificateSigningRequest.certSigningRequest を選択。 Generate をクリックし、生成された CSR(証明書)ファイルを確認し Download をクリック。 開発用の場合 ios_development.cer 製品用の場合 ios_production.cer がダウンロードされる。 キーチェーンアクセスに登録 上記のダウンロードされた CSR ファイルを ダブルクリック で キーチェーンアクセス に登録される。 まとめ iOSアプリ証明書関連の作業は何度もやっていると、確認する程度で工程を思い出しますが、初めての方だと何をやっているのか分からない作業だと思います。 ここに書いてある通り進めれば一瞬で完了しますので、煩わしい作業は早く済ませてその先の開発を楽しみましょう。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Developer: App Store ガイドライン 2.12 に抵触しない Web ラップ型 アプリについて

WebView アプリで既存 Web サイトをラップした iOS アプリのストアレビュー時に、 App Store ガイドライン 2.12 でリジェクトされた経験をされた方は少なからずいることと思います。 先日、開発案件でこのリジェクトに遭遇しましたが、無事アプリをリリース出来ましたので、その時の解決方法を残しておきたいと思います。 目次 App Store ガイドライン 2.12 詳細内容 App Store ガイドライン 2.12 対策ロードマップ App Store ガイドライン 2.12 対策詳細 まとめ App Store ガイドライン 2.12 詳細内容 Apple Store ガイドライン 2.12の内容は以下の通りです。 ユニークではない、あまり有用でない、単にウェブサイトをバンドルしたもの、永続する娯楽価値を提供しないアプリケーションはリジェクトされます 自分の制作したアプリが あまり有用でない と言われるとショックですが、Web アプリを制作しリジェクトとなった場合の本題は、次の 単にウェブサイトをバンドルしたもの の一言に尽きると思います。 この事は開発者泣かせではありますが、単にウェブサイトをバンドルしたもの は Web ブラウザでサイトを閲覧すればいいだけなのですから、わざわざアプリ化する意味がなく、結局 App Store ガイドラインの あまり有用でない という表現は正しいことになります。 しかし、諸事情によりこういった あまり有用でない Web アプリをリリースしなければならない場合、どうすればいいのでしょうか。 次項からその解決方法を説明したいと思います。 App Store ガイドライン 2.12 対策ロードマップ 単にウェブサイトをバンドルしただけのアプリを申請し、その結果 2.12 リジェクトとなったときに立てた対策ロードマップは以下のとおりです。 プッシュ通知を実装 Apple レビュワーへの問い合わせ 独自メニューと共有機能を実装 設定画面を実装 コンテンツ表示の UITableView 化 App Store ガイドライン 2.12 対策詳細 プッシュ通知を実装 プッシュ通知はアプリ固有の機能です。Web サイトをラップするだけのアプリでも、サイトの更新やサービスのアップデートは必ず発生するので、これら更新情報を配信する機能をアプリに持たせることで、2.12 のリジェクトに対し一定の効果があります。 ただし、これだけでは あまり有用でない ことが理由でリジェクトとなりました。しかしこの時点で 単にウェブサイトをバンドルしたもの ではなくなりました。 Apple レビュワーへの問い合わせ プッシュ通知だけではリジェクトとなる可能性は十分考えられていたのですが、念のため、「なぜ、アプリ固有の機能であるプッシュ通知を実装したにも関わらず、 2.12 に抵触したのか」という問い合わせを行いました。 この問い合わせは、なぜダメだったのかを知るためではなく、どうすればリジェクトにならないか、をレビュワーに提案してもらうことが目的でした。 このアクションを早めに行うことで、レビュワーに従ってアプリを改善した結果が再びリジェクトとなった場合、訴求することが可能となります。 独自メニューと共有機能を実装 アプリの画面が WebView だけではブラウザそのものなので、アプリ専用メニュー として新しく View を作成し、そこに「進む」「戻る」「共有」と言った機能を追加します。比較的短時間で実装可能なうえ、リジェクトに対し一定の効果があると思いますが、この程度ではリジェクトとなりました。 設定画面を実装 アプリの画面数が1画面だけでは、やはりブラウザと大差がありません。そこでアプリに設定画面の UIViewController を追加 し、上記アプリ専用メニューから設定パネルへ遷移するボタンを追加し、2画面構成 とします。 設定画面では、「プッシュ通知のON/OFF」「サポートページ」「アプリを評価する」「カラースキーム変更」といった、最小リソースで実装が可能な機能を追加します。 このことが アプリを改善した結果 と評価されリリースとなりました。 コンテンツ表示の UITableView 化 Web コンテンツを一旦 CoreData に保存し、UITableView で表示することにより iOS ネイティブ特有の表現を行うためのプランでしたが、設定画面を実装することでアプリがリリースとなったため不必要となりました。 ここまでやれば、もはや 単にウェブサイトをバンドルしただけ のアプリではなくなりますが、この工程は工数が大幅に増大するため、あくまで最終手段として考えていました。 まとめ この記事を書いた目的は、こうすれば Web をラップしただけのアプリを開発したい場合、こうすればリリースできる、といったことが言いたかったのではありません。 Web サービスをアプリ化しようとする企画段階で、明らかにガイドライン 2.12 に抵触する恐れのあるアプリである場合、アプリ自体の開発を断念し Web サービスそのものの強化や見直し、リーチの拡大に注力するのが賢明だと言うことです。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image

Apple Developer:3分で完了!期限切れ間近の開発者証明書の更新手順

先日、Appleからこんなメールが届いた。 そうか、すでにiOSアプリ開発を初めて1年が経つのか。1年前の証明書関連の作業を思い出すと腰が重くなるものの、こればかりは避けて通ることができない工程なので、気持ちを新たに証明書の更新作業をしつつメモ。 期限切れ間近の開発者証明書の更新手順 今回の作業はローカルマシン上で行う作業パートと、Web上のiOS Dev Centerで行う作業パート、2つのパートに別れる。 作業の概要 Mac(ローカルマシン)で行う作業 キーチェーンアクセスで証明書要求ファイルを作成 iOS Dev Centerで行う作業 Certificatesで証明書要求ファイルのアップロード 証明書のダウンロード Mac(ローカルマシン)で行う作業 キーチェーンアクセスに証明書ファイルを登録 作業の詳細手順 Mac(ローカルマシン)で行う作業 キーチェーンアクセスを起動 メニューのキーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求 ユーザーのメールアドレス欄は「開発者登録時のメールアドレス」、通称は「任意の名称」、CAのメールアドレスは「無記入」、要求の処理を「ディスクに保存」にし「続ける」 CertificateSigningRequest.certSigningRequest がデスクトップに保存される。 iOS Dev Centerで行う作業 「iOS Certificate」の右上にある「+」をクリック。 「iOS App Development」にチェックを入れ「Continue」(App Storeでアプリをリリースするための証明書は「App Store and Ad Hoc」を選択) About Creating a Certificate Signing Request (CSR) では、ローカルマシンでの作業手順が表示される。この工程は既に完了しているので、そのまま「Continue」 Generate your certificate. では「Choose File …」からローカルマシン上に作成された CertificateSigningRequest.certSigningRequest ファイルを選択し「Generate」 アップロードが完了したら「Download」をクリック。証明書ファイル ios_development.cer※ がダウンロードされる。 Mac(ローカルマシン)で行う作業 iOS Dev Center から証明書ファイルのダウンロード完了後、ダウンロードされた ios_development.cer※ ファイルをダブルクリックしキーチェーンアクセスに登録する。 完了 ※「iOS Dev Centerで行う作業」の工程(2)で「App Store and Ad Hoc」を選択した場合のファイル名は ios_distribution.cer まとめ 久しぶりにApple DeveloperでCertificate(証明書)関連の作業を行いました。 今回のように証明書を更新するだけであれば3分程度で完了しますが、初めてiOS Dev Centerで開発者登録を行い、実機でのテストを行うための準備にはもう少し時間がかかります。 詳しくはApple Developer:iPhoneアプリ開発での証明書関連の作業手順を参考にして下さい。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Developer:リジェクトされないために App Storeレビューガイドラインの和訳 2015年最新版

App Storeでアプリリリース時の審査基準となるレビューガイドライン。 初めての iOS アプリ開発において、英文であることを理由に熟読しないまま理解したつもりで開発を始めてしまい、何度もリジェクトを経験しました。 このときのリジェクトによる苦い経験から、少しでも日本の開発者の役に立てればと思い、App Store Review Guidelines を和訳(一部意訳)しました。 あえて訳さない方が適切と思われる名称やセンテンスについては、原文のままの表現を用いています。(本コンテンツに対してのご意見・不備・間違い等ありましたらこちらからご連絡いただければ幸いです) 開発者のスキル・レベルに関係なく、一読すればきっとリリースまでの道のりが短くなります。ご活用下さい。 更新履歴 [2015.12.23] 11.6項の誤りを修正しました。おのでら様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2015.12.21] 11.9項の誤りを修正しました。匿名希望様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2015.06.26] 11.17項を追加しました。sakuyan様、ご連絡いただきありがとうございました。 [2015.06.19] 9.4項を更新しました(64kbps -> 192kbps)すがはら様、ご連絡いただきありがとうございました。 [2015.06.04] レビューガイドラインに 25-28 項追加しました。すがはら様、ご連絡いただきありがとうございました。 [2014.10.10] 11 項目の誤植(通過 -> 通貨)を修正しました。町田様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2014.07.09] 2.7 項目の誤訳を修正しました。pernodd様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2014.05.01] 2.15 項目の誤り(50MB -> 100MB)を修正しました。開発要員A様、ご指摘いただきありがとうございました。 [2014.02.18] 24.Kids Category の追加と HTML タグ、翻訳の誤記を修正しました。 [2013.07.20] コンテンツの本文を修正しました。 [2013.07.14] 一部コンテンツ内容の構成を変更しました。

Apple Developer: iPhone アプリ開発での証明書関連の作業手順

証明書〜プロビジョニングプロファイル関連の作業は、慣れていないと準備〜アプリの開発期間中に何度かやり直しが発生し、コストを浪費してしまいます。また、開発マシンや環境を変更した際にも、必ずこの工程は通らなければいけません。 何度もやりたくない作業だけに、いざやるとなったときは素早く作業を完了させられるように、余計な情報を入れず、シンプルにメモとしてまとめました。 [2015.04.28 コンテンツの内容を最新の情報に更新しました] [2013.12.20 コンテンツの内容とタグを修正しました] アプリ開発での証明書関連の作業手順 アプリの実機転送やアプリ申請等、アプリ自体に問題がないのに問題が起これば、たいてい証明書関連〜プロビジョニングプロファイルが原因です。 この問題であれば、一度関連データをすべて削除して、最初からやり直すほうが近道です。