Tag Illustrator

Abobe: Illustrator でアンカーポイントを表示する方法

Illustrator で作業中、気がつけばオブジェクトのアンカーポイントが消えているときがあります。 今回は、オブジェクトのアンカーポイントを表示する方法をメモしておきます。 目次 Illustrator でアンカーポイントを表示する方法 まとめ Illustrator でアンカーポイントを表示する方法 以下のショートカットで、オブジェクトアンカーポイントの表示・非表示がトグルされます。 アンカーポイントの表示・非表示ショートカット:「command」+「H」 まとめ このほかにも Illustrator 利用中にたまに問題が発生しているので、気がついたら解決方法とセットでメモしていこうと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image

Adobe: Illustrator CC バウンディングボックスのリセットが選択できないときの解決法

Adobe Illustrator CC で図形を変形した後、バウンディングボックスをリセットしたいときがあります。 ところが、右クリックから「バウンディングボックスのリセット」を選択しようとしても、項目がグレーアウトして選択できないケースがあります。 今回はその選択できない状態から、バウンディングボックスをリセットする方法をメモしておきます。 目次 Adobe: Illustrator CC バウンディングボックスのリセットが選択できないときの解決法 まとめ Adobe: Illustrator CC バウンディングボックスのリセットが選択できないときの解決法 正方形のオブジェクトを回転した後、バウンディングボックスをリセットしようとすると、「バウンディングボックスのリセット」がグレーアウトして選択できません。 メニューから [オブジェクト] > [シェイプ] > [シェイプを拡張] を実行します。 シェイプを拡張すると、「バウンディングボックスのリセット」が選択できるようになりました。 無事バウンディングボックスがリセットされました。 まとめ シェイプを拡張してしまうと、オブジェクトの角丸の変更が、ワークスペースのマニピュレータ上でできなくなってしまいます。 シェイプ拡張後、バウンディングボックスをリセットしても、メニューから [オブジェクト] > [シェイプ] > [シェイプに変更] を実行すれば、元の状態に戻すことが可能です。 直感的にオブジェクトの外観を操作することを目的とした場合、この UI の仕様は適切だと思うので、ユーザーは慣れるしかないと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。