Tag Google

eyecatch_image

Google: Gmail の1つのアカウントで複数メールアドレスを振り分ける方法

Gmail は無料ですので、複数アカウントを持ち、用途に応じてメールアドレスを使い分けている方もいるかと思います。 しかし、アカウントが増えていくにつれ管理が大変になってきます。 そういったユーザーのために、Gmail ではメールアドレスのエイリアス機能(のようなもの?)を提供してくれています。 今回は、複数の Gmail アドレスを 1つの Google アカウントで管理する方法をメモしておきます。 目次 メールアドレスを複数用意する ラベルを作成する フィルタを作成しアドレスに応じて振り分ける まとめ メールアドレスを複数用意する ここでは ◯◯◯ という名前の Google アカウントを取得済みで、◯◯◯@gmail.com でのメール受信ができることを前提で説明します。 メールアドレスを派生させる Gmail ではいくつかメールアドレスを派生させる方法がありますが、ここでは ◯◯◯@gmail.com の ◯◯◯の後に +半角英数 をつける方法を採用します。 ◯◯◯+abc@gmail.com ◯◯◯+123@gmail.com ◯◯◯+test@gmail.com これらのアドレスに送信された場合、何も設定をしなくても全て ◯◯◯@gmail.com への Gmail として受信されます。 このままでは普通に ◯◯◯@gmail.com のアドレスを利用している状態ですので、Gmail のラベル機能 を使ってラベリングしたいと思います。 ラベルを作成する Gmail の「設定」から選択画面を開きます。 設定画面の「ラベル」から「新しいラベルを作成」をクリックします。 新しいラベルのラベル名を入力し「作成」をクリックします。 ラベル名は自由につけて構いませんが、ここでは例として ◯◯◯+test@gmail.com へ送信されたメールに対しラベリングするため、+test という名称にしました。これでラベル作成は完了です。 フィルタを作成しアドレスに応じて振り分ける 続いて、◯◯◯+test@gmail.com へ送信されたメールに対し、先ほど作成した +test をラベリングするよう、フィルタを作成します。 設定画面の「フィルタとブロック中のアドレス」から「新しいフィルタを作成」をクリックします。 フィルタ作成画面の To 欄に 「+test」を指定し、「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。 続いて次のフィルタ作成画面で「ラベルをつける」をチェックし、先ほど作成した「+test」を指定し、「フィルタを作成」をクリックします。 以上で ◯◯◯+test@gmail.com 宛へ送信されたメールは、◯◯◯@gmail.com のメールボックス +test へ振り分けられるようになります。 まとめ 今回は特定アドレスに対してラベリングし、フィルタで振り分けるといった使い方を紹介しました。 そのほかにも、Gmail のラベル、カテゴリ、フィルタ機能等を駆使すれば、特定のエイリアスで受信された Gmail を別のメールアドレスに転送するといった使い方も可能です。 LINE や Facebook、Twitter といったサービスが存在する現代では、メッセージのやりとりに Eメールアドレスは必ずしも必要ではなくなりました。 しかし、これからも Web サービス利用時や、ビジネスには必須ですので、アカウントはなるべく 1つにまとめ、提供されている機能を駆使し、快適なメール環境を整えておくことが重要だと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Tips:Google アナリティクス で自分のアクセスを除外する方法(2014年 最新版)

小規模なサイトやWebサービスのリリース直後でアクセス数が少ないうちは、アナリティクスの統計データは自分のアクセスだけで全体の数%を占めてしまいます。 そういった問題点を解決するために、Google Analytics で自身のアクセスを除外する方法を紹介します。 自分のアクセスを除外する方法 Google Analytics の自身のアクセスをカウントさせない方法は次の2つあります。 Google アナリティクス オプトアウト(アドオン)を使用する Google アナリティクスの設定からフィルタを作成する メリット・デメリット メリット デメリット オプトアウト 導入が簡単。 ブラウザやマシンごとにインストールする必要がある。 フィルタ 指定したIPアドレスからの全てのアクセスを一括で除外出来る。 やや導入に手間がかかる。 アクセスする場所が複数ある場合(会社・自宅等)は全てのIPアドレスを設定する必要がある。 どちらも一長一短なのですが、これら2つの方法はどれも最初に設定すればいいだけなので、両方とも実践しておくといいかと思います。 Google Analytics の自分のアクセスを除外する Google アナリティクス オプトアウトで除外する 公式サイトより Google アナリティクス オプトアウト をダウンロードし、インストールすれば完了。 ただし、アドオンはブラウザごとにインストールする必要があります。また、2台以上マシンを保有している場合も、全てのマシンのブラウザに対しアドオンをインストールしなければなりません。 除外したいIPアドレスが決まっている場合は、次のIPアドレス毎にフィルタを設定する方法をおすすめします。 IPアドレス毎にアクセスを除外する 【IPアドレスの調査】 まず自分のIPアドレスを調べないといけませんが、この場で表示出来るようにしました。これを使って設定を進めていきましょう。 あなたのIPアドレス [ipadress] 【Google アナリティクスにログイン】 Google アナリティクス にログインします。 【アナリティクス設定】 ヘッダーメニューから「アナリティクス設定」を選択します。 【新しいフィルタの作成】 フィルタを適用する「アカウント」をプルダウンメニューから選択し、「すべてのフィルタ」、「新しいフィルタ」をクリックします。 【フィルタの設定と保存】 適当な「フィルタ名」を記入し、フィルタの種類は「既定のフィルタ」にします。 ドロップダウンメニューではそれぞれ「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択し、最後に除外したい「IPアドレス」を入力します。 フィルタを適用したいビューを選択し「追加」、最後に「保存」をクリックすれば設定は完了です。 まとめ コンテンツさえしっかりしていればアクセス数は自然に伸びて来ますし、ユニークユーザー数がそれなりに増えれば、自身のアクセスは誤差程度で済むようになります。 しかし、サービスの方向性やプロモーションの方針を決定するためには、例え誤差程度であってもこれらの方法を実行し、正確な数値で検証することをオススメします。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image

AdSense:Google AdSense のバナーサイズ一覧と出力テンプレート

AdSense の収入は、サイト運営者にとっては無視することの出来ない存在です。 sirochro.com も公開から比較的早い段階で、サイトに関わる運営費の全てを AdSense によりペイ出来るようになりました。 今回、サイト作成時や改修時に毎回 AdSense のサイズを調査するのが面倒だったので、 AdSense の仕様に関する情報をリスト化し、全てのバナーを1枚のPNGファイルにまとめた画像を作成しました。 AdSense を導入するときの参考にしてみてください。 AdSense のバナーサイズと仕様一覧 バナーの名称は AdSense の「広告の設定」に表示されるものを使用しています。 Google 推奨サイズの一覧 名称 サイズ 種別 広告数 収益性 テキスト広告 ディスプレイ広告 モバイル対応 レクタングル(中) 300×250 レクタングル 多い 高い ○ ○ ○ レクタングル(大) 336×280 レクタングル 多い 高い ○ ○   ビッグバナー 728×90 バナー(横長) 多い 高い ○ ○   ワイドスカイスクレイパー 160×600 縦長 多い 高い ○ ○   モバイルバナー 320×50 モバイル 多い 不明     ○ その他サイズの一覧 名称 サイズ 種別 広告数 収益性 テキスト広告 ディスプレイ広告 モバイル対応 ラージ モバイルバナー 320×100 モバイル 不明 不明     ○ バナー 468×60 バナー(横長) 限定的 普通 ○ ○   ハーフバナー 234×60 バナー(横長) 限定的 低い ○ ○   スカイスクレイパー 120×600 縦長 限定的 普通 ○ ○   縦長バナー 120×240 縦長 限定的 低い ○ ○   ハーフ ページ 300×600† 縦長 不明 不明 ○ ○   ビッグバナー(大) 970×90† バナー(横長) 不明 不明 ○ ○   スクエア 250×250 スクエア 限定的 普通 ○ ○ ○ スクエア(小) 200×200 スクエア 限定的 普通 ○ ○ ○ レクタングル(小) 180×150 レクタングル 限定的 低い ○ ○   ボタン 125×125 スクエア 限定的 低い ○ ○   ※この情報は AdSense ヘルプ を参考に作成しています。 AdSense 出力テンプレート画像 サイズや形状の種類によって色分けをしています。サイト制作時のデザイン制作のときに画像を切り出して活用してみてください。 まとめ ネット上で消費するお金はネット上で回収し、お金を回す事に意義があると思います。そういった意味においては、AdSense 導入により最短で結果を出すことが可能です。 サイト運営費が回収できるようになると、お金以上の価値をきっとそこに見出すことが出来ると思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。