Tag git

Terminal:git初心者でもこれだけ覚えれば大丈夫!よく使うgitコマンドの一覧

最近やっとgitを使い始めました。 知らない人が見れば難しそうに見えるgitのコマンド操作も、毎回やることは同じで決して難しいものではありません。よく使うコマンドをメモしておきます。 よく使うgitコマンドの一覧 とりあえずこれだけ覚えておけばいいと思うものをピックアップしました。 自分がファイルを更新した場合 ローカルリポジトリのルートフォルダに移動(例:/Users/usernameの場合) コミットするファイルを指定(例:カレントディレクトリ以下の全ての変更を指定する場合) コミットする(…には変更箇所のコメントを記述) ローカルリポジトリの変更を送信 他のリポジトリに変更が反映される 第三者がファイルを更新した場合 ローカルリポジトリのルートフォルダに移動(例:/Users/usernameの場合) 他のリポジトリの内容をローカルリポジトリに反映 ローカルリポジトリに変更部分がマージされる 直近コミットの変更(push前に追加したいファイルがあった場合) コミットする(…には変更箇所のコメントを記述) 更にコミットしなければいけないファイルがあることに気づく 追加でコミットするファイルを指定(例:カレントディレクトリ以下の全ての変更を指定する場合) 1のコミットを上書きしてコミット 直前のコミットを取り消す チェックアウト 余分なファイルを消去 直前のコミットを取り消す(ワークツリー、インデックスの変更まで取り消す) 変更が加えられたファイルを表示する コミットログを閲覧する まとめ ブランチを切ったりマージしたり、より高度なバージョン管理を行うためにはこれだけでは不十分ですが、個人またはチームで小規模なプロジェクトの作業を行うときは、この程度のコマンドで事足りるかと思います。 gitに関しては、自身のレベルが上った時にあらためて記事にしたいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。