iPhone App:SmartScope チュートリアル

カメラ画面をキャプチャする

  1. 画面をタップして、被写体に焦点を合わせます

    img_smartscope_tutorial01
  2. スケールボタンでキャプチャサイズが変更できます(iPhone5のみ対応)

    img_smartscope_tutorial02
  3. 撮影ボタンを押すとキャプチャ完了!iPhoneのアルバムにキャプチャ画像が保存されます※

    img_smartscope_tutorial03

※SmartScopeダウンロード後の初回起動時に、アルバムアクセスを「許可しない」にした場合、画像は保存されません。アルバムアクセスを変更する方法は、

設定 > プライバシー > 写真 

からSmartScopeを「オン」にします。以降はSmartScopeでのキャプチャ画像の保存が可能となります。
この設定はいつでも変更が可能です。

QRコードを読み込む

  1. メニューを開き、QRコード認識機能がONであることを確認します

    img_smartscope_tutorial04
  2. ガイドアイコンをタップして、ガイドを表示します(ガイド表示はなくても認識できます)

    img_smartscope_tutorial05
  3. ガイド中央の枠内にQRコードが入るように、iPhoneの位置を調整してください(少々傾いていても大丈夫!)

    img_smartscope_tutorial06
  4. QRコードがぼやけている場合、画面をタップしQRコードに焦点を合わせます

    img_smartscope_tutorial07
  5. QRコードを認識すると、自動的にウインドウがポップアップします

    img_smartscope_tutorial08
  6. ウインドウをタップすると、共有メニュー(iOS6未満の端末ではアクションシート)が表示されます

    img_smartscope_tutorial09
  7. 何もしなければ、ウインドウは自動的に消えていきます

    img_smartscope_tutorial10

ご案内

カメラプレビュー画面のまま、QRコードも認識できるのがSmartScopeの特徴です。
標準アプリの隣に並べて、いつでも使っていただけるよう設計しております。
新しい機能の実装や改善も随時おこないますので、是非使ってみてください。

  • Apple、SafariおよびiPhoneの名称およびそのロゴは、米国Apple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

Related Contents

Pickup Contents