Xcode: プロジェクトにカスタムフォントを追加する方法

開発するアプリの企画によっては、システムフォントでは表現力が弱い場合があります。
今回は Xcode プロジェクトへカスタムフォントを追加する際、必要となる作業をメモしておきます。

目次

  • プロジェクトにフォントを追加する
  • まとめ

プロジェクトにフォントを追加する

FontBook で使用するフォントの PostScript 名を調べる

macOS に標準インストールされている FontBook.app を起動し、インストールしたいフォントを選択します。ここでは Source Code Pro レギュラーを選択します。

FontBook のツールバーより iマークアイコン、もしくは ⌘+iフォント情報を表示させ、PostScript 名をメモしておきます。
この PostScript 名 は、Xcode でコードからフォントを指定する ときに必要となります。

フォントファイルをプロジェクトへコピーする

先ほど FontBook で PostScript 名を調べたフォントファイルを、Xcode プロジェクトへ ドラッグしコピー します。

プロジェクトへフォントがコピーされていれば、ファイルを選択すればフォントのサンプルが参照できます。

info.plist > Fonts provided by application に追加する

Xcode プロジェクトの info.plist で「+」ボタンをクリックし、Fonts Provided by application 項目を追加します。

先ほど追加したFonts Provided by application 項目の Item0 の value にコピーした フォントファイル名 を記述します。

Copy Budle Resources に追加する

プロジェクト -> Build Phases -> Copy Bundle Resources にフォントファイルが追加されているか確認します。

ここにフォントファイル名がない場合、「+」ボタン よりフォントを選択し、フォントファイルを追加 しておきます。

ストーリーボードでカスタムフォントを利用する

ストーリーボードのラベル等で、フォントを指定すればカスタムフォントが利用できるようになっています。

コードでカスタムフォントを利用する

ソースコードからカスタムフォントを指定する場合は、以下のサンプルのように font 名に FontBook で調べた PostScript 名を記述します。

self.myLabel.font = UIFont(name: "SourceCodePro-Regular", size: 24)

まとめ

フォントをシステムフォントからカスタムフォントへ変更するだけで、アプリの印象はガラリと変わります。
また、似たような機能をもつアプリであっても UI デザインやフォントを変更することで、ユーザー体験はおおきく変化します。

やりすぎは注意ですが、適切なフォントを選択することで、より完成度の高いアプリになるのではないでしょうか。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents