Swift:バイブレーションを実装する

Swiftでバイブレーションを作動させる方法をメモ。

バイブレーションを実装する

Swift のバイブレーション機能は Objective-C と同様に、システムサウンドとして定義されているので、このシステムサウンドをバイブレーションさせたいタイミングで実行させます。

フレームワークのインポート

システムサウンドを再生するために、フレームワークをプロジェクトへ追加します。 Project -> TARGET -> Build Phases -> Link Binary With Libraries から 「+」をクリックし、AudioToolbox.framework を追加します。

ViewController から実行する

先ほど追加した AudioToolbox フレームワークを ViewController へインポートします。

import AudioToolbox

以下で実行

AudioServicesPlaySystemSound(SystemSoundID(kSystemSoundID_Vibrate))

サンプルコード

上記の ViewController をまとめると以下のようになります。

import UIKit import AudioToolbox class ViewController: UIViewController { override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() // Do vibrate. AudioServicesPlaySystemSound(SystemSoundID(kSystemSoundID_Vibrate)) } }

まとめ

バイブレーションのほかにも、システムサウンドには iPhone ユーザーならおなじみのサウンドが定義されています。
システムサウンドに関しては、また別に機会に投稿したいと思います。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents