Swift:ステータスバーを非表示にする

Swift はじめました。
サクサクとコードリーディング出来るし、Objective-C から入っていると「え?こんだけでいいの?」と思うこともありますが、新しい言語の習得コストもほとんどかからないため、これからの iOS アプリ開発の即戦力となりそうです。

今回はiOSアプリ開発時に最初にぶつかるお決まりの、ステータスバー非表示に関するメモです。

Swift:ステータスバーを非表示にする

ViewController に以下のコードを記述すればステータスバーが非表示になります。

ViewController.swift

override func prefersStatusBarHidden() -> Bool {
    return true
}

まとめ

現在 Swift にて開発中のアプリで色々とぶつかった問題を解決しています。
以前から準備している Objective-C の記事が残っていますので、そちらを全て公開した後は Swift に完全移行した記事にしていきたいと思います。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents