Objective-C:UIScreenでデバイスの画面サイズを取得する

アプリを作る上で避けて通れない画面サイズ。UIScreen を使えば2種類のサイズを取得することができる。

画面サイズを取得する

デバイスのスクリーン領域を取得(画面サイズ)
CGRect rect1 = [[UIScreen mainScreen] bounds];
NSLog(@"rect1.size.width : %f , rect1.size.height : %f", rect1.size.width, rect1.size.height);
ステータスバーを考慮したスクリーン領域を取得(ステータスバー表示ならステータスバー領域がマイナスされる)
CGRect rect2 = [[UIScreen mainScreen] applicationFrame];
NSLog(@"rect2.size.width : %f , rect2.size.height : %f", rect2.size.width, rect2.size.height);

まとめ

アプリ画面のUIが完全に固定されているなら mainScreen を、ある程度柔軟に設計されているのであれば applicationFrame を使用する。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents