eyecatch_image

Google: Gmail の1つのアカウントで複数メールアドレスを振り分ける方法

Gmail は無料ですので、複数アカウントを持ち、用途に応じてメールアドレスを使い分けている方もいるかと思います。
しかし、アカウントが増えていくにつれ管理が大変になってきます。
そういったユーザーのために、Gmail ではメールアドレスのエイリアス機能(のようなもの?)を提供してくれています。

今回は、複数の Gmail アドレスを 1つの Google アカウントで管理する方法をメモしておきます。

目次

  • メールアドレスを複数用意する
  • ラベルを作成する
  • フィルタを作成しアドレスに応じて振り分ける
  • まとめ

メールアドレスを複数用意する

ここでは ◯◯◯ という名前の Google アカウントを取得済みで、◯◯◯@gmail.com でのメール受信ができることを前提で説明します。

メールアドレスを派生させる

Gmail ではいくつかメールアドレスを派生させる方法がありますが、ここでは ◯◯◯@gmail.com の ◯◯◯の後に +半角英数 をつける方法を採用します。

◯◯◯+abc@gmail.com
◯◯◯+123@gmail.com
◯◯◯+test@gmail.com

これらのアドレスに送信された場合、何も設定をしなくても全て ◯◯◯@gmail.com への Gmail として受信されます。

このままでは普通に ◯◯◯@gmail.com のアドレスを利用している状態ですので、Gmail のラベル機能 を使ってラベリングしたいと思います。

ラベルを作成する

Gmail の「設定」から選択画面を開きます。

設定画面の「ラベル」から「新しいラベルを作成」をクリックします。

新しいラベルのラベル名を入力し「作成」をクリックします。

ラベル名は自由につけて構いませんが、ここでは例として ◯◯◯+test@gmail.com へ送信されたメールに対しラベリングするため、+test という名称にしました。これでラベル作成は完了です。

フィルタを作成しアドレスに応じて振り分ける

続いて、◯◯◯+test@gmail.com へ送信されたメールに対し、先ほど作成した +test をラベリングするよう、フィルタを作成します。

設定画面の「フィルタとブロック中のアドレス」から「新しいフィルタを作成」をクリックします。

フィルタ作成画面の To 欄に 「+test」を指定し、「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

続いて次のフィルタ作成画面で「ラベルをつける」をチェックし、先ほど作成した「+test」を指定し、「フィルタを作成」をクリックします。

以上で ◯◯◯+test@gmail.com 宛へ送信されたメールは、◯◯◯@gmail.com のメールボックス +test へ振り分けられるようになります。

まとめ

今回は特定アドレスに対してラベリングし、フィルタで振り分けるといった使い方を紹介しました。
そのほかにも、Gmail のラベル、カテゴリ、フィルタ機能等を駆使すれば、特定のエイリアスで受信された Gmail を別のメールアドレスに転送するといった使い方も可能です。

LINE や Facebook、Twitter といったサービスが存在する現代では、メッセージのやりとりに Eメールアドレスは必ずしも必要ではなくなりました。
しかし、これからも Web サービス利用時や、ビジネスには必須ですので、アカウントはなるべく 1つにまとめ、提供されている機能を駆使し、快適なメール環境を整えておくことが重要だと思います。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents