C++:iostream 文字列を出力する

iostreamクラスを使用し定番の文字列を出力する。

iostream を使用し文字列を出力する

出力ストリームの種類

  • cout(標準出力)
  • cerr(標準エラー出力)
  • cin(標準入力)

代表的なマニピュレーター

  • endl(改行してフラッシュする)
  • flush(フラッシュする)
  • dec(10進数で出力する)
  • hex(16進数で出力する)
  • setw(int n)(1行をn桁にする)
  • setiosflags( ios::left )(左寄せ出力する)
  • resetiosflags( ios::left )(左寄せ出力を無効にする)
  • setprecision(int n )(小数をn桁で表示する)

サンプル

名前空間を指定しない場合

#include <iostream> void main(){ std::cout << "Hello World!" << endl; } [/code]

名前空間を指定する場合

#include <iostream> using namespace std; void main(){ cout << "Hello World!" << endl; } [/code]

マニピュレーター(setiosflags)使用例

#include <iostream> #include <iomanip> using namespace std; void main(){ double values[] = { 123.45, 67.891, 2345.6 }; char *names[] = { "ABC", "DEF", "GHI" }; for ( int i = 0; i < 3; i++ ){ cout << setiosflags( ios::left ) << setw( 5 ) << names[i] << resetiosflags( ios::left ) << setw( 7 ) << values[i] << endl; } } [/code]

まとめ

余談ですが iostream の io は input と output だそうです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents