Apple: 新しい iPhone(iPhone 6S ?)の予想される情報の一覧

9月9日(日本時間では9月10日未明)に新しい iPhone が発表されます。

昨年発売された iPhone 6 が過去最高に売れてしまったため、次の iPhone の情報量は少なく、あまり特筆すべき新しさはないものばかりで、ユーザーの関心度がそれほど高くないことが伺えます。

とは言え、現在 iPhone 5S 以前の機種をお使いの方にとっては気になる iPhone であることに変わりはありません。
今回は、9月9日に発表されるであろう新しい iPhone に関する確証の高い情報から、個人的な予想までを一覧化しました。

[2015.09.11 更新] イベント後の答え合わせをおこないました。

新しい iPhone(iPhone 6S ?)の予想される情報の一覧

確証が高いと思われる順に要点だけリスト化しました。予想される仕様の詳細に関しては次項で説明します。

予想される内容結果
iOS 9 発表(+ El Capitan)
iPhone 6S mini は発表しない
発売日は9月18日(金)-> 9月25日
A9チップ(トリプルコア)
バッテリー持続時間3時間延長(省電力モード)
Force Touch 搭載 -> 3D Touch 搭載
4色展開(シルバー・グレー・ゴールド・レッド(ピンクゴールド))
カメラ強化 1200万画素/500万画素(現行800万画素)
動画も4K画質での録画に対応
レンズの出っ張りは解消されない
本体サイズが変更(+0.2mm厚)
iPad Pro の発表
iPad mini 4 の発表
新しい Apple TV の発表
ナンバリング廃止
デュアルカメラレンズ
サファイアガラス -> 特殊な二重イオン交換プロセス強化ガラス
付属 Lightning ケーブルの USB 端子(ACアダプタ側)が Type-C に?

※結果の欄は 9月9日の発表後に使用します。

予想される仕様の詳細

iOS 9 発表(+ El Capitan)
iOS 9 はすでにアナウンスされていますので、今回の iPhone にあわせてリリースされるでしょう。
iPhone 6 mini は発表しない
昨年より噂されていた iPhone 5 と同じサイズの iPhone mini ですが、発売時期は来年度になるとの情報が濃厚ですので、今回の発表会でお披露目はなさそうです。
発売日は9月18日(金)
iPhone 6 のときの発売日から推測される、信頼性の高い iPhone 6S の発売日としては 9月18日(金)とのことです。
[2015.09.11 更新] 発売日は 9月18日 となりました。
A9チップ(トリプルコア)
CPU は 1.85GHz、メモリはついに 2GB となるようです。今回の新しい iPhone が発売されると iPhone 4S は最新の iOS のサポートからは外されてしまいまうことになります。
バッテリー持続時間3時間延長(省電力モード)
iOS 9 に省電力モードが実装され、A9チップとの相乗効果でバッテリー持続時間が3時間程度伸びるようです。
Force Touch搭載
画面に加わる圧力の強弱を検知する Force Touch が実装されるみたいです。画面をタッチ動作と強く押す(叩く)動作を区別できるようになるため、ユーザビリティの向上が期待できます。慣れるまであまり使われないかもしれませんが。。
[2015.09.11 更新] Force Touch ではなく 3D Touch という名称となりました。
4色展開(シルバー・グレー・ゴールド・レッド(ピンクゴールド))
iPhone 6 の従来の色に加えピンク色が追加されるとのことです。
カメラ強化 1200万画素/500万画素(現行800万画素)
iPhone 4S 以来の画素数がアップするみたいです。インカメラのイメージセンサーが変更されるようで、120万画素から500万画素にパワーアップする噂もみられます。
動画も4K画質での録画に対応
メインカメラは4Kムービーの撮影にも対応する模様。ディスプレイ解像度は不明。
レンズの出っ張りは解消されない
MacRumors に新しい iPhone の内部パーツが流出しています。
これを見る限り、あのカメラの出っ張りは解消されないと判断できます。Apple がこのデザインを仕様で押し通すとは非常に残念です。
本体サイズが変更(+0.2mm厚)
バッテリー容量と本体強度の向上のため、やや本体の高さが厚くなるみたいです。iPhone 6 カバーをつけるとちょうど扱いやすいサイズなので、これ以上薄くする必要はないということでしょうか。
[2015.09.11 更新] 7000 シリーズアルミニウム を使用し本体の剛性が向上したみたいです。
iPad Pro の発表
昨年から噂される iPad Pro ですが、今回の One more thing でついに発表されるのではないかと噂されています。画面は 12 インチ超、A9Xプロセッサを搭載し、ステレオスピーカー4個、Force Touch 内蔵スタイラスやキーボードは別売りとなるみたいです。11月末に出荷予定。
iPad mini 4 の発表
iPad Pro が発表されるのであればおそらく抱き合わせで iPad mini 4 も発表される可能性が高いでしょう。こちらはマイナーチェンジなので、早いと発表後、遅くても10月前半には出荷予定となるのではないでしょうか。
[2015.09.11 更新] 発表後に発売となりました。
新しい Apple TV の発表
新型 Apple TV の本体価格は 8GB 版(149ドル)と 16GB 版(199ドル)。A9 ではなく A8 チップ、モーションセンサー内蔵で、新型リモコンが付属するゲーム機能が強化されたものとなるみたいです。任天堂が NX でやろうとしていることは、だいたいこんな感じのプラットフォーム構想なのではないでしょうか。エコシステムが出来上がっている分、もはやゲームでも Apple が先を行ってしまうのです。。
ナンバリング廃止
そもそも iPhone 6S ではなく、新しい iPhone としてリリースされるのでは?という噂もありますが、今回は iPhone 6S でもいいかなと思います。
[2015.09.11 更新] ナンバリングは継続となりました。
デュアルカメラレンズ
iPhone 6S では搭載が見送られる可能性が大きいみたいですが、早く実現して欲しいですね。
サファイアガラス
これは iPhone 6 から噂されているものですが、サファイアガラスではなく Project Phire という名でゴリラガラスの割れにくさを維持しながら、サファイアガラス並みの傷の付きにくい素材が開発されているみたいですが、今回も見送られる可能性は高いと見ています。
[2015.09.11 更新] 特殊な二重イオン交換プロセス により 分子レベルで強化されたガラス が使用されるみたいです。
付属 Lightning ケーブルの USB 端子(ACアダプタ側)が Type-C に?
MacBook 12 インチで登場した USB Type-C ですが、Lightning が USB Type-C に置き換わるのではなく、Lightning ケーブルの反対側の USB 端子が Type-C に置き換わるのでは?、という個人的な希望です。

まとめ

現在の Apple は iPhone と、関連するエコシステムで成り立つ組織です。
Apple としても、いち早く次の一手となる新しいプロダクトを世に送り出す必要がありますが、Apple Watch も Apple Music もぱっとしません。
iPad Pro も Surface の後追いとなりそうですが、既存のプロダクトに対しアップデートを重ね、次のチャンスを待つしかないのかもしれません。

今回新しい Apple TV が発表されるのであれば、その Apple TV のコントローラ だけが楽しみのイベントとなりそうです。
9月9日の発表後には、この記事の答え合わせをし更新したいと思います。

[2015.09.11 更新]
期待していた Apple TV のコントローラは使いやすくなっているみたいですが、思いの外サプライズのない変更だったと感じました。
iPhone 6s の 3D Touch は一見地味なアップデートのように思えますが、この技術は Touch ID 同様、他社がマネするのが困難な技術なので、 iPhone と他のスマートフォンとの差別化がわかりやすく実感できる「縁の下の力持ち」的変更だと感じました。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents