Apple: Numbers のテーブルを Illustrator で使用する方法

Mac で Excel ライクな作業を行おうとした時、まず思い浮かぶのが Numbers です。

これまで、Numbers は仕事で共有している Excel ファイルを開くためだけに利用していましたが、ゼロベースで表計算のため Numbers を使用してみると、Excel よりもシンプルで、明確な UI になっているため、目的を達成するためのコストが Excel より低く、使っていてとても気持ちがいいアプリケーションです。

今回は、その Numbers で作成したテーブル等のデータを、Adobe Illustrator でも使いたかったので、そのための方法を説明したいと思います。

目次

  • Numbers のテーブルを Illustrator で使用する方法
  • まとめ

Numbers のテーブルを Illustrator で使用する方法

以下のような Numbers のサンプルデータを、Illustrator で利用したい場合の説明をします。

メニューから ファイル -> 書き出す -> PDF を選択します。

そのまま 次へ… をクリックします。

書き出す をクリックすれば PDF ファイルとして書き出されます。

書き出した PDF ファイルを Illustrator で開くと、ベクターデータのテーブルやグラフが AI オブジェクトとして利用できます。

まとめ

ビジネス用途とするなら、高度なマクロが利用できる Excel に軍配が上がりますが、Apple らしいビジュアライズされたテンプレートを利用したプレゼン資料作成や、個人利用目的であれば Numbers は Excel 以上のパフォーマンスを発揮します。

Numbers と Excel はコンセプトが全くことなる表計算ソフトですので、Excel のあれが使えないといった問題がある場合、そもそも必要ない事をやろうとしている可能性がないか?を考えながら、両者を使い分けるといいかと思います。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents