Apple: iPad Pro 10.5 と iPad Pro 9.7 の違いについて

WWDC2017 での iPad Pro 10.5 の発表後、すぐに注文し、iPad Pro 9.7 から iPad Pro 10.5 へ買い替えました。

今回はディスコンとなった iPad Pro 9.7 ユーザーのために、iPad Pro 10.5 との違いと感想をメモしておきますので、買い換える必要があるかどうかの判断材料としてご活用ください。

目次

  • スペック比較表
  • 所感
  • まとめ

スペック比較表

スペックの比較表は以下の通りです。

iPad Pro 10.5 iPad Pro 9.7
発売日 2017年6月6日 2016年3月21日
OS iOS 10 iOS 9
CPU 64ビットアーキテクチャ A10X Fusion + 組込型 M10 コプロセッサ 64ビットアーキテクチャ A9X + 組込型 M9 コプロセッサ
メモリ 4GB 2GB
容量 64GB、256GB、512GB 32GB、128GB、256GB
ディスプレイ 10.5インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,224 x 1,668ピクセル解像度
264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
9.7インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度
264ppi
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
リフレッシュレート 120Hz 60Hz
Wi-Fi Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)MIMO対応HT80 Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)MIMO対応HT80
カメラ(フロント) 700万画素、HDビデオ撮影(1080p) 500万画素、HDビデオ撮影(720p)
カメラ(バック) 1200万画素、4Kビデオ撮影 1200万画素、4Kビデオ撮影
センサー Touch ID、3軸ジャイロ、加速度センサー
気圧計、環境光センサー
Touch ID、3軸ジャイロ、加速度センサー
気圧計、環境光センサー
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
Touch ID 第2世代 第1世代
サイズ 250.6mm(縦)×174.1mm(横)×6.1mm(厚さ) 240mm(縦)×169.5mm(横)×6.1mm(厚さ)
重さ 469g(Wi-Fi)、477g(LTE) 437g(Wi-Fi)、444g(LTE)
バッテリー 最大10時間 最大10時間
外部接続端子 USB3-Lightning USB2-Lightning
カラー シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ローズゴールド シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ローズゴールド

所感

以下、主要な変更点についての所感をメモしておきます。

CPU

CPU は 30%、 GPU は 40% 程度速くなってるそうですが、iPad Pro 9.7 と iPad Pro 10.5 で 違いはわかりません でした。どちらでもいいと思います。

メモリ

メモリに関しては iPad Pro 9.7 の 2GB から iPad Pro 10.5 では 4GB へと倍になっています。現時点でその恩恵は感じられませんが、iOS11 でのマルチタスキング時に、違いが出てくると思います。

容量

256GB で十分 だと思いますが、大量のメディア、TV録画等をダウンロード保存し、ローカルで視聴したい方は 512GB あってもいいかと思います。

ディスプレイ

1インチに満たないサイズアップですが、それでも大きく感じます。12.9 インチは自分には大きすぎですが、10.5 インチは丁度いいサイズ だと実感しました。

リフレッシュレート

Retina ディスプレイが発表された際、ここまでの解像度は必要ないだろうと思ったものの、慣れてしまうと戻れない体験であることはみなさんも経験済みだと思います。
今回のリフレッシュレートはそれと似た体験を与えてくれました。スクロール時の文字が、残像とならず「くっきり」しているため、目の疲れが明らかに軽減されています。
一見地味な変更であるリフレッシュレートのアップデートですが、はっきり言いますと これだけで買い換える意味は十分ある と思います。

Touch ID

iPad Pro 9.7 の不満点の一つが Touch ID の反応の遅さでした。iPhone 6s 以降は Touch ID 2.0 となっているため、その違いが顕著に出てしまう結果となっていました。
ただ、iPad Pro 10.5 の Touch ID 2.0 は iPhone のそれより 反応は少し鈍い です。
しかし、iPhone の Touch ID 2.0 は敏感すぎると思うときがあるため、iPad Pro 10.5 の Touch ID 2.0 はちょうどよい速さ だと感じました。

サイズ・重量

iPad Pro 10.5 のサイズは画面に対しベゼルが狭くなっているため、9.7 インチと比べて それほど大きくは感じません でした。
ただし、重量に関してはiPad Pro 9.7 より 30g 程度重くなっているだけなのに、かなり重く 感じました。

まとめ

以前から 9.7 インチより少しだけ大きい画面の iPad が出てくれればいいのに、と思っていた自分にとっては、それだけで買い換える理由としては十分でしたが、iPad Pro 9.7 インチは現在でも高スペックですので、買い替える必要はないに等しいです。

ただ、Apple 製品はリセールバリューが高いので、定期的に買い替えを行うことで、快適に日々を過ごすことができます。
iPad 自体高価なものですので買い替えタイミングは難しいですが、多少無理をしてでも今回の iPad Pro 10.5 は買い換えたときの満足感はあると感じました。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents