Apple Developer: iPhone アプリ開発での証明書関連の作業手順

証明書〜プロビジョニングプロファイル関連の作業は、慣れていないと準備〜アプリの開発期間中に何度かやり直しが発生し、コストを浪費してしまいます。また、開発マシンや環境を変更した際にも、必ずこの工程は通らなければいけません。

何度もやりたくない作業だけに、いざやるとなったときは素早く作業を完了させられるように、余計な情報を入れず、シンプルにメモとしてまとめました。

[2015.04.28 コンテンツの内容を最新の情報に更新しました]
[2013.12.20 コンテンツの内容とタグを修正しました]

アプリ開発での証明書関連の作業手順

アプリの実機転送やアプリ申請等、アプリ自体に問題がないのに問題が起これば、たいてい証明書関連〜プロビジョニングプロファイルが原因です。

この問題であれば、一度関連データをすべて削除して、最初からやり直すほうが近道です。

環境

  • MacOSX 10.10.3
  • Xcode 6.3.1

作業の概要

iOS Dev Center

  • Certificates (開発者の登録)
  • Devices (デバイスの登録)
  • App IDs (アプリIDの作成)
  • Provisioning (プロビジョニングプロファイルの作成)

Mac

  • キーチェーン
  • 証明書を要求 (CSRファイル作成)
  • CSRファイルをiOS Dev Center -> Certificates にアップロード
  • iOS Dev Center -> Certificates から証明書をダウンロード
  • 証明書を登録
  • 証明書 (p12ファイル) の書き出し(開発環境が2台以上の場合このファイルを使用する)

作業の詳細

Mac : 証明書要求の準備

  1. キーチェーンアクセス起動
  2. キーチェーンアクセス -> 環境設定 -> 証明書タブを選択 -> オンライン証明書状況プロトコル(切) / 証明書失効リスト(切) に変更
  3. キーチェーンアクセス -> 証明書アシスタント -> 認証局に証明書を要求
  4. [証明書情報] メールアドレス : 開発者登録時のメールアドレス
  5. [証明書情報] 通称:なんでもよい
  6. [証明書情報] CAのメールアドレス : 無記入
  7. [証明書情報] 要求の処理 : ディスクに保存 / 鍵ペア情報を指定にチェックし 続ける
  8. [証明書情報] CertificateSigningRequest.certSigningRequestデスクトップ に保存
  9. [鍵ペア情報] 鍵のサイズ : 2084ビット / アルゴリズム : RSA であることを確認し 続ける
  10. CertificateSigningRequest.certSigningRequest がデスクトップに保存される

iOS Dev Center : 証明書の取得

  1. iOS Dev Center > Certificates, Identifiers & Profiles へアクセスし、開発者アカウントでログインする
  2. >iOS Apps > Certificates をクリック -> 開発用 と 申請用 それぞれの証明書の取得は以下を参照

開発用

  1. [左カラム] Certificates > Development > 「+」 をクリック
  2. Development > iOS App Development を選択し Continue
  3. 内容を確認後 Continue
  4. Upload CSR file > Choose File… をクリックし、デスクトップに保存した CertificateSigningRequest.certSigningRequest を選択
  5. Generate をクリック
  6. Download をクリックすると ios_development.cer がダウンロードされる
  7. Done をクリックし完了

申請用

  1. [左カラム] Certificates > Production > 「+」 をクリック
  2. Production > App Store and Ad Hoc を選択し Continue
  3. 内容を確認後 Continue
  4. Upload CSR file > Choose File… をクリックし、デスクトップに保存した CertificateSigningRequest.certSigningRequest を選択
  5. Generate をクリック
  6. Download をクリックすると ios_distribution.cer がダウンロードされる
  7. Done をクリックし完了

Mac : 証明書を登録

  • ダウンロードした証明書 ios_development.cer (申請用の場合は ios_distribution.cer)をダブルクリック -> キーチェーンアクセスに証明書が登録される。(完了)

Mac : 証明書の書き出し

  1. キーチェーンからインストールされた証明書を選択し、ファイル > 書き出し
  2. 証明書.p12 が書き出される。この証明書を他のマシンに転送し登録すれば、2台目以降での開発〜実機テストが可能になる。(完了)

iOS Dev Center : Provisioning Profile の作成

  1. iOS Dev Center > Certificates, Identifiers & Profiles へアクセスし、開発者アカウントでログインする
  2. >iOS Apps > Certificates をクリック -> 開発用 と 申請用 それぞれの Provisioning Profile の取得は以下を参照

開発用

  1. [左カラム] Provisioning Profiles > Development > 右上の「+」をクリック
  2. Development > iOS App Development を選択し Continue
  3. リストから対象となる App ID を選択 し Continue
  4. 開発用(Development)の Certificates にチェックを入れ Continue
  5. Select devices > Select All(全部選択の場合) にチェックを入れ Continue
  6. Profile Name に任意の名前を記述し Generate
  7. Download and Install の Download をクリック
  8. .mobileprovision ファイルがダウンロードされる。
  9. Done をクリックし完了

申請用

  1. [左カラム] Provisioning Profiles > Distribution > 右上の「+」をクリック
  2. Distribution > App Store を選択し Continue
  3. リストから対象となる App ID を選択 し Continue
  4. 申請用(Distribution)の Certificates にチェックを入れ Continue
  5. Select devices > Select All(全部選択の場合) にチェックを入れ Continue
  6. Profile Name に任意の名前を記述し Generate
  7. Download and Install の Download をクリック
  8. .mobileprovision ファイルがダウンロードされる。
  9. Done をクリックし完了

まとめ

頻繁に行われる MacOS、iOS、Xcode のアップデート、iTunes App Store 規約の変更、それに伴う Dev Center コンテンツやレイアウトの変更、といった外部要因により、純粋な開発の部分以外にどうしてもコストがかかってしまいます。

Developer Center もここ数年で随分使いやすくなりましたが、やはり面倒くさい作業に変わりはありません。

この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから

Related Contents

Pickup Contents