Category Note

Objective-C:addSubViewしたSubviewを最前面・最背面に移動する

FrontとBackでのメソッド名の違いに注意。コード補完が出ないので3分ほどハマりました。 ソースコード 最前面に移動させる 最背面に移動させる

JavaScript:Date(日時)関数で今年の経過日数を求める

日付関連の関数で、自分が使用したものを少しずつメモ。 サンプルコード Dateオブジェクト生成 今年の経過日数を求める thisYearには三項演算子を使って、dateの取得した日時に対し柔軟に対応させているが、現時刻ベースのdateオブジェクトなら、date.getYear()で問題ない。 var date = new Date(); //今年の年数 var thisYear=(date.getYear()

Algorism:ランダム(Math.random)の汎用ループ

言語に関係なく、ランダム関数でよく使うパターンをJavaScriptでメモ。 アルゴリズムサンプル 0から9までのランダム整数を生成する まとめ この記事は随時追加していきます。

WordPress:カスタムループでquery_posts関数を使用後にクエリを初期化する

WordPressのループでページ判定ができなくて原因を調べていたら、カスタムループが原因だった。 コードサンプル ループ前にquery_posts関数を使用したら、ループを抜けたところでwp_reset_query();を実行してやらないと、ループ条件が以降のクエリに引き継がれる。 まとめ 解決すれば、まるで何事もなかったかのようにスキルとして吸収されてしまうが、ハマるときはこの手のものが多い。

Objective-C:指定時間後に一度だけ実行

タイマーを使うまでもない、1度きりの遅延実行処理を行いたいときは performSelector を使用する。 見た感じや使い方はNSTimerのそれとよく似ている。 コードサンプル

JavaScript:要素のサイズoffset,client,scrollの違い

JavaScriptでのoffset,client,scrollの違いをメモ。 解説
eyecatch_image

Design:sirochroロゴタイプフェイス作成

ローンチ当初のsirochroのタイプフェイスが即席で作成したものであったため、作り直した。 sirochroの新しいタイプフェイス ロゴやタイプフェイスは、曲線の微妙な変化で表情が大きく変わり、調整にかなり時間がかかるので、以前のものは直線的にして逃げていたが、使うべきところには曲線を取り入れ、ロゴとのバランスを調整しながら再作成した。 ヒラギノやユニバースに近いタイプフェイスだが、記号に近い感じを出すため、ゴシックの特徴である緻密で有機的な要素を排除し、サンセリフ調に仕上げた。 たった6文字なのでついでにBoldとthinのバリエーションも作成しておいた。以前のものと比べてオリジナリティに乏しいが、それでいい。 まとめ ロゴやタイプフェイスは、初見のインパクトよりもずっと見続けてもイライラさせず、飽きのこないものを選ぶほうがいい。主張するべきところはもっと別のフィールドのはずだ。

WordPress:パーマリンクがうまく機能しない時の解決法

WordPressのパーマリンクについて、設定通りうまく機能しない場合の解決方法をメモ。 以下の条件に当てはまる方は参考になるかと思います。 WordPress3.3以降を使用している マルチサイトにしている リンク構造を/%category%/%postname%/にしている カテゴリを追加or削除後にパーマリンクが機能しない 投稿のスラッグを再定義したらパーマリンクが機能しない 以前のリンクが残っている

Objective-C:UITableViewCell を再利用した場合、画面スクロールでセルが重複表示される

UITableViewの中で、セクションごとに UITableViewCell を使う場合、テーブル全体がスクリーン内に収まる場合は問題ないが、表示が画面サイズ内に収まりきらないとき、新しく描画されたセルにデータが重複して表示されてしまう。 この問題の解決に少しはまってしまったのでメモ。 UITableViewCell の再利用についての注意点 ソースコード内のコメントを参考にコーディングする。 セクションごとに表示するセルを、一番最初に定義したインスタンスを再利用したとき、画面をスライドさせるたびセル定義のメソッドが呼ばれ表示部分が入れ替わるときに、配列に格納された情報が最初から読み込まれるため、表示の重複が発生する。 セクションごとにセルの識別子(CellIdentifier)を定義すればこういった問題は発生しない。コードの重複は気にせず最初からこうするべきだった。 まとめ テーブルに表示する行が少ないときは正常に表示されてしまうため発見が遅れ、対処するのに結構な時間を浪費してしまった。。。 いい加減Objective-Cのテーブルの扱いには慣れたいものだ。

Objective-C:スワイプ・長押し(ロングプレス)ジェスチャーを実装する

スマートフォンのアプリを開発する上で避けて通れないタッチジェスチャーの中から、スワイプと長押し(ロングプレス)のジェスチャーを実装する場合のメモ。 スワイプ・長押し(ロングプレス)ジェスチャーを実装する スワイプアップ ロングプレス まとめ Objective-Cはソースコードの見た目にさえ慣れてくると、iPhone特有の機能を実装するのは比較的簡単にできる。ジェスチャーはiOSやAppleの標準アプリの実装例を参考にしながら、自身のアプリに取り入れることでUXの向上につながりますね。 関連する項目 Objective-C:シェイクジェスチャーを実装する

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから