Category Note

JavaScript:要素のサイズoffset,client,scrollの違い

JavaScriptでのoffset,client,scrollの違いをメモ。 解説
eyecatch_image

Design:sirochroロゴタイプフェイス作成

ローンチ当初のsirochroのタイプフェイスが即席で作成したものであったため、作り直した。 sirochroの新しいタイプフェイス ロゴやタイプフェイスは、曲線の微妙な変化で表情が大きく変わり、調整にかなり時間がかかるので、以前のものは直線的にして逃げていたが、使うべきところには曲線を取り入れ、ロゴとのバランスを調整しながら再作成した。 ヒラギノやユニバースに近いタイプフェイスだが、記号に近い感じを出すため、ゴシックの特徴である緻密で有機的な要素を排除し、サンセリフ調に仕上げた。 たった6文字なのでついでにBoldとthinのバリエーションも作成しておいた。以前のものと比べてオリジナリティに乏しいが、それでいい。 まとめ ロゴやタイプフェイスは、初見のインパクトよりもずっと見続けてもイライラさせず、飽きのこないものを選ぶほうがいい。主張するべきところはもっと別のフィールドのはずだ。

WordPress:パーマリンクがうまく機能しない時の解決法

WordPressのパーマリンクについて、設定通りうまく機能しない場合の解決方法をメモ。 以下の条件に当てはまる方は参考になるかと思います。 WordPress3.3以降を使用している マルチサイトにしている リンク構造を/%category%/%postname%/にしている カテゴリを追加or削除後にパーマリンクが機能しない 投稿のスラッグを再定義したらパーマリンクが機能しない 以前のリンクが残っている

Objective-C:UITableViewCell を再利用した場合、画面スクロールでセルが重複表示される

UITableViewの中で、セクションごとに UITableViewCell を使う場合、テーブル全体がスクリーン内に収まる場合は問題ないが、表示が画面サイズ内に収まりきらないとき、新しく描画されたセルにデータが重複して表示されてしまう。 この問題の解決に少しはまってしまったのでメモ。 UITableViewCell の再利用についての注意点 ソースコード内のコメントを参考にコーディングする。 セクションごとに表示するセルを、一番最初に定義したインスタンスを再利用したとき、画面をスライドさせるたびセル定義のメソッドが呼ばれ表示部分が入れ替わるときに、配列に格納された情報が最初から読み込まれるため、表示の重複が発生する。 セクションごとにセルの識別子(CellIdentifier)を定義すればこういった問題は発生しない。コードの重複は気にせず最初からこうするべきだった。 まとめ テーブルに表示する行が少ないときは正常に表示されてしまうため発見が遅れ、対処するのに結構な時間を浪費してしまった。。。 いい加減Objective-Cのテーブルの扱いには慣れたいものだ。

Objective-C:スワイプ・長押し(ロングプレス)ジェスチャーを実装する

スマートフォンのアプリを開発する上で避けて通れないタッチジェスチャーの中から、スワイプと長押し(ロングプレス)のジェスチャーを実装する場合のメモ。 スワイプ・長押し(ロングプレス)ジェスチャーを実装する スワイプアップ ロングプレス まとめ Objective-Cはソースコードの見た目にさえ慣れてくると、iPhone特有の機能を実装するのは比較的簡単にできる。ジェスチャーはiOSやAppleの標準アプリの実装例を参考にしながら、自身のアプリに取り入れることでUXの向上につながりますね。 関連する項目 Objective-C:シェイクジェスチャーを実装する

Objective-C:シェイクジェスチャーを実装する

シェイクジェスチャーを実装するためには UIViewController クラスのサブクラスをファーストレスポンダーに設定する必要がある。 シェイクジェスチャーの実装方法 UIResponderクラスのcanBecomeFirstResponderメソッドをオーバーライド 現在のViewをFirstResponderにする イベントメソッドをオーバーライド まとめ シェイクジェスチャーで色々とやってみたいところですが、Appleではシェイクジェスチャーは基本的に何かの選択をキャンセルしたり、シェイクするという動きそのものに関連性のあるアクションを定義することを推奨しています。 関連する項目 Objective-C:スワイプ・長押し(ロングプレス)ジェスチャーを実装する Objective-C:リモートコントロールイベントを実装する

Xcode:シンタックスハイライト・コードサジェスト(補完候補)が出なくなった場合の対処法

1つのアプリに対して、プロジェクトファイルのコピーによるバージョン違いのプロジェクトデータが複数あり、突然コード補完候補がでなくなった。そのときの解決方法をメモ。 コードサジェストが出なくなった場合の対処法 [Xcode] Window > Organizer > Project > Derived Data / Delete をクリック 何やらたくさんのDerived Dataが溜まっている様子。 この際リポジトリも全削除。

Objective-C:addSubViewしたSubViewの順番を変更する

addSubView した SubView の重なり順を変更するときのメモ。 SubViewの順番を変更する self.viewにsubControllerを加え、self.viewの最前面へ self.viewにsubControllerを加え、self.viewの最背面へ まとめ 最前面と最背面ではメソッド名が「Front」と「Back」だけの違いでなく、「bring」「send」となっているので注意。

Xcode:プロビジョニングプロファイル修正→ビルドは成功するのに実機に転送されない

iOS Provisioning Portalでプロビジョニングプロファイルを一度削除・再作成すると、以前は実機での動作確認出来ていたアプリが転送できなくなった。そのときの解決方法をメモ。 アプリが実機に転送されなくなった場合の解決方法 厳密に言えば、アプリのデータ自体には問題がないため、ビルドは成功するのだが、 [Xcode] とアラートウインドウが出現し、転送がストップしてしまう。

Objective-C:NSNotificationCenterでアプリ起動・終了時にメソッドを呼び出す

アプリ終了時に実行したい処理がある場合は、NSNotificationCenter を使う。 NSNotificationCenterのサンプルコード アプリが終了する直前に myFunction を実行 その他の通知タイミング UIApplicationDidBecomeActiveNotification アプリがアクティブになったとき UIApplicationDidEnterBackgroundNotification アプリがバックグラウンドになる時 UIApplicationDidFinishLaunchingNotification アプリケーションが起動した直後 UIApplicationWillEnterForegroundNotification アプリがアクティブになる直前 UIApplicationWillResignActiveNotification アプリがアクティブで無くなる直前 UIApplicationWillTerminateNotification アプリが終了する直前 UIApplicationWillChangeStatusBarOrientationNotification デバイスの向きが変わる直前 UIApplicationDidChangeStatusBarOrientationNotification デバイスの向きが変わった後 まとめ アプリの状態に合わせて処理を行いたい場合には NSNotificationCenter は必須のオブジェクトですね。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから