Category Note

Swift: デザインパターン > 生成パターン > Builder

オブジェクト設計において、定石となる手法をパターン化したものを デザインパターン といいます。 デザインパターンをきちんと勉強していない人でも、Web のおかげで知らず知らずのうちに使って(コピペして)その恩恵を享受しています。 自分自身パターン概要を一読しただけで、あいまいな使い方をしているものが多く、この際勉強を兼ねて GOF 23 パターンのなかでよく利用するものを Swift3 で記述していきたいと思います。 今回は 生成パターン の Builder について説明します。 目次 [生成] Builder パターン まとめ [生成] Builder パターン Builder はオブジェクトの生成(建築)過程を抽象化し、動的にオブジェクトを生成(建築)することを可能にするパターンです。 パターンの概要 Director Builder に提供されているインタフェースを使用しオブジェクトを生成(建築)する。 Builder オブジェクト生成(建築)過程のインターフェースを定義する。 ConcreteBuilder Builder が定義したインターフェースを実装する。 Product Builder により生成されたオブジェクト(成果物)。 サンプルコード Director.swift Builder.swift ConcreteBuilder.swift Product.swift ViewController.swift 実行結果 まとめ Director は ConcreteBuilder をすることで、Product が生成されていることが確認できます。 次回は 生成パターン の Factory Method パターンを説明したいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Swift: デザインパターン > 生成パターン > Prototype

オブジェクト設計において、定石となる手法をパターン化したものを デザインパターン といいます。 デザインパターンをきちんと勉強していない人でも、Web のおかげで知らず知らずのうちに使って(コピペして)その恩恵を享受しています。 自分自身パターン概要を一読しただけで、あいまいな使い方をしているものが多く、この際勉強を兼ねて GOF 23 パターンのなかでよく利用するものを Swift3 で記述していきたいと思います。 今回は 生成パターン の Prototype について説明します。 目次 [生成] Prototype パターン まとめ [生成] Prototype パターン オブジェクトの生成は、通常 クラス から new で オブジェクト を生成しますが、Prototype は、オブジェクト の clone メソッド から オブジェクト の クローン(複製) を生成します。 サンプルコード Client.swift ConcretePrototype.swift ViewController.swift Prototype は プロトコル により clone メソッドのインタフェースを提供します。 実行結果 まとめ Prototype はその特性上、1つや2つではなく、数十数百〜といったオブジェクトを生成しなければいけない場合に利用します。 次回は 生成パターン の Builder パターンを説明したいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Swift: デザインパターン > 生成パターン > Singleton

オブジェクト設計において、定石となる手法をパターン化したものを デザインパターン といいます。 デザインパターンをきちんと勉強していない人でも、Web のおかげで知らず知らずのうちに使って(コピペして)その恩恵を享受しています。 自分自身パターン概要を一読しただけで、あいまいな使い方をしているものが多く、この際勉強を兼ねて GOF 23 パターンのなかでよく利用するものを Swift3 で記述していきたいと思います。 今回は Swift で避けて通ることができない、有名な 生成パターン の Singleton について説明します。 目次 [生成] Singleton パターン まとめ [生成] Singleton パターン あるオブジェクトが単一であること(オブジェクトが複数生成されていないこと)を保証するパターン。 サンプルコード Singleton.swift ViewController.swift 実行結果 まとめ 初見で意味がわからなくても、サンプルコードを繰り返しコーディングしているうちに、突然ある時期を境に理解できる日が来ます。何事も理解するまで続けることができるかどうかが、その人の適正だったり才能なのかもしれません。 次回は 生成パターン の Prototype パターンを説明したいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Xcode: プロジェクトにカスタムフォントを追加する方法

開発するアプリの企画によっては、システムフォントでは表現力が弱い場合があります。 今回は Xcode プロジェクトへカスタムフォントを追加する際、必要となる作業をメモしておきます。 目次 プロジェクトにフォントを追加する まとめ プロジェクトにフォントを追加する FontBook で使用するフォントの PostScript 名を調べる macOS に標準インストールされている FontBook.app を起動し、インストールしたいフォントを選択します。ここでは Source Code Pro レギュラーを選択します。 FontBook のツールバーより iマークアイコン、もしくは ⌘+i でフォント情報を表示させ、PostScript 名をメモしておきます。 この PostScript 名 は、Xcode でコードからフォントを指定する ときに必要となります。 フォントファイルをプロジェクトへコピーする 先ほど FontBook で PostScript 名を調べたフォントファイルを、Xcode プロジェクトへ ドラッグしコピー します。 プロジェクトへフォントがコピーされていれば、ファイルを選択すればフォントのサンプルが参照できます。 info.plist > Fonts provided by application に追加する Xcode プロジェクトの info.plist で「+」ボタンをクリックし、Fonts Provided by application 項目を追加します。 先ほど追加したFonts Provided by application 項目の Item0 の value にコピーした フォントファイル名 を記述します。 Copy Budle Resources に追加する プロジェクト -> Build Phases -> Copy Bundle Resources にフォントファイルが追加されているか確認します。 ここにフォントファイル名がない場合、「+」ボタン よりフォントを選択し、フォントファイルを追加 しておきます。 ストーリーボードでカスタムフォントを利用する ストーリーボードのラベル等で、フォントを指定すればカスタムフォントが利用できるようになっています。 コードでカスタムフォントを利用する ソースコードからカスタムフォントを指定する場合は、以下のサンプルのように font 名に FontBook で調べた PostScript 名を記述します。 まとめ フォントをシステムフォントからカスタムフォントへ変更するだけで、アプリの印象はガラリと変わります。 また、似たような機能をもつアプリであっても UI デザインやフォントを変更することで、ユーザー体験はおおきく変化します。 やりすぎは注意ですが、適切なフォントを選択することで、より完成度の高いアプリになるのではないでしょうか。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Mac: メモ帳へのペースト時、スタイルを適用しない方法

いまさらですが、Mac のメモ帳をずっと愛用しています。 Mac ユーザーで iPhone 等の iOS デバイスを利用している方であれば、macOS に標準でインストールされているメモ帳は非常に使い勝手の良いアプリです。 そんなメモ帳の唯一の不満点が、リッチテキストや HTML をコピーペースト時に、デフォルトのショートカットではスタイルが適用されペーストされてしまう点です。 今回はペースト時に、スタイルを適用しないように設定したいと思います。 目次 メモ帳へのペースト時、スタイルを適用しない方法 まとめ メモ帳へのペースト時、スタイルを適用しない方法 システム環境設定 -> キーボード を選択します。 ショートカット タブ -> アプリケーション を選択し、+ ボタン でショートカットを追加します。 メニュータイトルに ペーストしてスタイルを合わせる (ここの文言は一言一句間違いのないように)とし、キーボードショートカットでキーボードから ⌘V を押し、追加 をクリックします。 これでメモ帳へ ⌘V でのペーストにスタイルが適用されなくなりました。 ペースト時にスタイルを適用したい場面もあるかもしれない方は、さらに + ボタン より、メニュータイトルに ペーストしてスタイルを保持 とし、キーボードショートカットでキーボードから ⇧⌘V (⇧は Shift)を押し、追加 しておくといいかと思います。  まとめ macOS のメモ帳の良い点は、あまり多機能にせずシンプルに設計されている点だと思います。 ペースト時のスタイル適用が人によっては便利な場合もありますが、プレーンテキストによる文字列の保存・共有と割り切って利用している方は、今回の設定を行うことをオススメします。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

CSS3: background ショートハンド(複数指定) background-size の記述方法

久しぶりに CSS を書いていると、ついつい忘れてしまうのが background のショートハンドです。 今回は background ショートハンドへ background-size を記述する方法をメモしておきます。 目次 background ショートハンド(複数指定) background-size の記述方法 まとめ background ショートハンド(複数指定) background-size の記述方法 以下、background でよく行うであろうプロパティを個別に記述した場合、ショートハンドで記述した場合のサンプルをそれぞれ用意しました。 background 個別指定 background ショートハンド(複数指定) ショートハンドでは /cover とすることで background-size: cover を指定することができます。 まとめ CSS の background ショートハンドは CSS2 では多様していましたが、CSS3 からは設定項目が大幅に増えたため、コードの見通しが悪くなってしまいがちです。 慣れないうちは、多少面倒でも個別にプロパティを指定し記述する方法が、混乱も少なくいいのかもしれませんね。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

HTML: Atom から Shift + Enter で改行タグを挿入するカスタマイズ方法

一部の HTML エディタでは Shift + Enter キーで br タグ が自動挿入されとても便利です。 今回はこの動きを Atom エディタで再現したいと思います。 目次 Atom から Shift + Enter で改行タグを挿入するカスタマイズ方法 まとめ Atom から Shift + Enter で改行タグを挿入するカスタマイズ方法 Atom を起動し、メニューの Atom -> 起動スクリプト を選択します。 init.coffee ファイルが開きますので、以下のコードを記述し保存します。 init.coffee 次に、メニューの Atom -> キーマップ を選択します。 keymap.cson ファイルが開きますので、以下のコードを記述し保存します。 keymap.cson Atom を再起動すれば、Shift + Enter で br タグ が挿入されるようになります。 まとめ 今回のカスタマイズは、HTML ページの設計時にはそれほど必要ではありませんが、コンテンツ自体の更新作業のコーディングとなったとき、よりクリエイティブに集中できるため、重宝される機能だと思います。 Atom をメインでディタとして HTML コーディングを行なっている方は、是非とも導入してみてください。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Xcode: $(SRCROOT) 、$(BUILD_DIR) 等の内容を出力する

Xcode プロジェクトの設定を行う際、ファイルのパス指定に SRCROOT や BUILD_DIR 等の変数が割り当てられているのを目にするかと思います。 今回はこれら Xcode で使われているマクロ変数を出力したいと思います。 目次 $(SRCROOT) 、$(BUILD_DIR) 等の内容を出力する まとめ $(SRCROOT) 、$(BUILD_DIR) 等の内容を出力する プロジェクト > Build Phases を開き、「+」で New Run Script を追加します。 追加された Run Script 項目へ以下の1行を追加し、ビルドを実行します。 ビルド実行後、プロジェクトフォルダ内に env.txt が出力されます。 env.txt には、Xcode で使用されているマクロ変数がすべて出力されています。 まとめ env.txt には、Info.plist や Buid Settings 等以外でも使われている 400 以上のマクロが出力されています。 新規プロジェクト時に、env.txt を Run Script で吐き出しておくと、後々役立つかもしれませんね。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image

macOS: こんなとこに… Magic Mouse のスクロールスピードを変更する

先日 Magic Mouse 2 の 2台目をゲットしました。 マウスを新調したら、誰もが使い勝手を細かく設定すると思うのですが、マウススクロール量の設定は少しわかりにくい場所にあるので、今回はマウスのスクロール設定についてメモしておきます。 目次 Magic Mouse のスクロールスピードを変更する まとめ Magic Mouse のスクロールスピードを変更する システム環境設定 を開きます。 この環境設定画面からマウスの設定を行いたい場合、普通の感覚を持ち合わせている方は「マウス」の項目を選択すると思うのですが、スクロールスピードを変更したい場合は「アクセシビリティ」を選択します。 次に アクセシビリティ から マウスとトラックパッド > マウスボタン を選択します。 スクロールの速さ スライダーでスクロール量の調整をします。 ちなみに、スプリングローディングの時間 という項目は、スライダを使用して、項目をフォルダの上にドラッグしてからフォルダが開くまでの時間のことです。 まとめ Magic Mouse 2 は高価ですが、Mac ユーザーがこのマウスにひとたび慣れてしまうと、引き返せなくなってしまいます。 第2世代となってからは、充電方法に問題はあるもののリチウムイオンバッテリーが内蔵されたことで軽量化され、さらに便利に使いやすくなりました。 低価格マウスを何台も試してみるのもいいですが、少々無理して1発目に Magic Mouse 2 を買ったとしても、その対価は十分享受できるとてもよいプロダクトだと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

macOS: Homebrew から zsh インストール等、クリーンインストール後にやること

macOS をクリーンインストール後にやることといえば、Terminal を使った開発環境の構築だと思います。 そのなかでも、まず一番にデフォルトのシェルを zsh に変更する方も多いのではないでしょうか。 今回は Mac ユーザーの開発者であれば(ほぼ)誰もが実行するであろう、macOS クリーンインストール後の一連の作業をメモしておきます。 目次 Atom インストール Homebrew インストール zsh インストール ログインシェルを zsh に変更 不可視ファイルや不可視フォルダを表示 すべてのアプリケーションの実行を許可 Finder を再起動 まとめ Atom インストール https://atom.io から Atom をインストールします。 必ずしもエディタに Atom を利用する必要はありませんが、ここではログインシェル変更時の設定ファイルを書き換える際、vi では分かりづらい(オペレーションをいつも忘れてしまう)ため、 Atom を使用し説明したいと思います。 Homebrew インストール ユーティリティ -> ターミナル.app を起動し、以下のコマンドを実行します。 Terminal.app インストール後、brew doctor で Homebrew に問題がないことを確認しておきます。 Your system is ready to brew. と表示されれば、正常にインストールが完了しています。 zsh インストール Homebrew で zsh をインストールします。 –without-etcdir は Mac が zsh 起動時に PATH リセットするのを回避するためのオプションです。 Terminal.app zsh をインストールする以上 zsh-completions は必須かと思いますので、以下のコマンドを実行します。 ログインシェルを zsh に変更 ターミナルから Atom でログインシェルの設定ファイルを開きます。 Terminal.app 開いた設定ファイルの最下段に、以下の1行を追加しファイルを保存します。 再びターミナルに戻り、ログインシェルの切り替えコマンドを実行します。 ログインシェルが変更されているか確認します。 UserShell: /usr/local/bin/zsh と表示されていれば変更完了です。 不可視ファイルやフォルダ、ライブラリを表示 GUI メインでオペレーションを行う方は、Mac 不可視ファイル表示は必須だと思いますので、以下のコマンドを実行し表示します。 ライブラリフォルダも表示しておきます。 すべてのアプリケーションの実行を許可 以前は、システム環境設定 -> セキュリティとプライバシー の「一般」タブ -> ダウンロードしたアプリケーションの実行許可 より すべてのアプリケーションを許可 にチェックし、サードパーティーアプリをインストールしていましたが、macOS Sierra からはこの項目がデフォルトでは非表示となっています。 この問題は以下のコマンドで解決します。 Finder を再起動 設定を変更したら、Finder を再起動すれば、変更が反映されます。 まとめ マシンのクリーンインストール後にやるべきことはたくさんあります。 今回の説明は Mac を開発メインで利用するユーザーであれば、無視することができない実行項目ばかりだと思いますので、参考にしていただければと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

siro:chro 無料ゲーム SQN をリリースしました

img_sqn_00

sirochro 初の無料ゲームアプリ SQN をリリースしました。
記事:SQN: iOS 無料ゲームアプリ SQN - Sequential Numbers をリリース
ちょっとした時間に楽しめる完全無料のゲームなっていますので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

↓SQN のダウンロードはこちらから