Monthly Archives: October 2018

Apple: 10月30日の Apple Special Event について

Apple Special Event がいよいよ明日の日本時間23時より開催されます。 今回は、明日間違いなく発表されるであろうプロダクトをおさらいしようと思います。 目次 Apple: 10月30日の Apple Special Event について まとめ Apple: 10月30日の Apple Special Event について iPad Pro 今回のイベントは iPad Pro のためにあると言っても過言ではないと思います。 ノッチのない狭小ベゼル により現行モデルより小型化、iPhone のような丸みではなく エッジの効いたデザイン、A12X チップ、Face ID、USB-C コネクタの採用と、今回の iPad Pro に対応した Apple Pencil 2 のリリース等、新型のスペックとしては高い要求を吸収できているものと思われます。 MacBook 13(Air) 新型 MacBook は Apple の情報統制がとれているせいか、全くと言っていいほど情報がありませんが、CPU に関しては Intel Kaby Lake プロセッサ が搭載される可能性があることを示唆する記事が見受けられます。 iPad Pro に合わせてベゼルが狭小となり、従来の MacBook Air 13インチより 小型化 されるといった噂もあります。 Mac mini Mac mini 4年間ずっと放置されてきたプロダクトで、今回のイベントでは プロユーザ向け のアップデートとなる可能性が高く、ハードウェア仕様の大幅なアップデートが望まれています。 iMac Pro に合わせたスペースグレーの筐体に Pro 仕様の黒いキーボード、マウス がセットになれば、購買意欲をそそられるユーザーも多いのではないでしょうか。 まとめ 今回のイベントは23時からと、日本にとっては次の日にあまり影響のない時間帯でのライブ視聴が可能となります。 個人的に、先月の iPhone XS にはあまりサプライズがありませんでしたので、今回のイベントに期待したいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image

macOS: 連続半角ハイフンが全角ハイフンに自動変換されないようにする

macOS のメモ帳等のアプリで、半角ハイフンを2連続以上使用した場合、自動的に全角ハイフンへ変換されてしまいます。 スクリプトコード等を記録したり伝達したい場合、この機能が非常に煩わしいものとなってしまいます。 今回は、この問題を解決する方法をメモしておきます。 目次 連続半角ハイフンが全角ハイフンに自動変換されないようにする まとめ 連続半角ハイフンが全角ハイフンに自動変換されないようにする システム環境設定 > キーボード > ユーザ辞書 より「スマート引用符とスマートダッシュを使用」を OFF にします。 以上で、半角2連続ハイフン — がそのまま出力されるようになります。 まとめ スマート引用符とスマートダッシュ自体は気の利いた機能だと思うのですが、半角連続ハイフンが全角化されるのは問題です。 日本ユーザーに対する Apple の気遣いだと思うのですが、あまりに便利すぎるのも考えものですね。。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Apple: 10月以降に発表が予想される Apple プロダクトまとめ

Apple スペシャルイベント September 2018 は、Apple Watch Series 4 と iPhone Xs/Xs Max/Xr が発表されました。 今回は、10以降に発表を控えている(と噂されている)プロダクトをまとめてみました。 目次 10月以降に発表が予想される Apple プロダクトまとめ まとめ 10月以降に発表が予想される Apple プロダクトまとめ iPad Pro (X?) iPad を示したコードが iOS 12.1 ベータ版で、デバイスを設定するときに実行されるセットアプリ上のデータに「iPad2018Fall」の文字列が記述されているのが確認されています。 まもなく発表されるのではないでしょうか。 予想されているスペック 液晶画面 11 / 12.9 インチ Retina ディスプレイ 前面 ベゼルレス全面ディスプレイ、ノッチなし、ホームボタンなし CPU A12 Bionic 改良版 メモリ 4GB RAM ストレージ 64GB / 256GB / 512GB 背面カメラ デュアルカメラ(解像度:1200万画素) 機能 TrueDepth、Face ID(横向き顔認識対応)、4K 映像外部出力、ワイヤレス充電、Apple Pencil 対応 ポート USB-C(USB Type-C) カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド サイズ 11インチ(247.5 × 178.7 × 6 mm) 12.9インチ(280 × 215 × 6.4 mm) MacBook (Air?) 1,000ドル前後の13インチ MacBook が出るとの噂があります。 家電量販店でも、現行 MacBook Air が、先月から値引き販売されており、新しい MacBook の発表が近いものと思われます。 予想されているスペック Kaby Lake Refresh 低価格 13インチ狭小ベゼル AirPods 2 2016年12月発売以来、Bluetooth イヤフォンで絶大な人気を誇る AirPods ですが、昨年よりワイヤレス充電型のケースで登場するとの噂があります。 時期的にも、そろそろ発表されてもおかしくはありません。 予想されているスペック 防水性能 ワイヤレス充電に対応 Apple の新型チップを搭載(W2?) 連続再生時間増加 ノイズキャンセリング Bluetooth 5.0対応 新色(スペースグレー or ブラック?) Apple Pencil 2 / iPen? 2015年11月発売。AirPods 同様アップデートもなく存在している Apple Pencil ですが、iPad Pro に合わせて発表されるのではとの噂があります。 予想されているスペック 筆圧感知の向上 消しゴム機能 トラックパッドに対応 新色(スペースグレー or ブラック?) Mac mini 2014年10月の発売以来、なんの音沙汰もない Mac mini ですが、安価な Mac デスクトップを望む声も多いため、是非とも発表を期待したいプロダクトのひとつなのではないでしょうか。 AirPower 先月のスペシャルイベント後に、公式サイトから AirPower に関連する画像ファイルが一掃されたことから、ペンディングとなった可能性が大きいと思われます。 技術的な問題解決が困難だったとの情報もありますが、いずれにせよ、このプロダクトを楽しみにしている人も少なかったのではないでしょうか。 まとめ Apple Car が 2023-25年 に登場するとの噂もありますが、まだまだ先の話です。 価格も75000ドル、日本円にして約850万円という情報がありますので、庶民にはなかなか手が出せないプロダクトとなりそうです。 現行 MacBook Air 13inch は、量販店で値下げされている現象が起こっていますので、10月発表される可能性は大きいと思います。楽しみですね。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image

macOS: ホームフォルダの名称を変更する方法

Mac 購入後、とりあえず入力したユーザー名で運用し始めたものの、後日ユーザー名を失敗したと感じることはあるかと思います。 macOS はユーザー名が日本語の場合、ホームフォルダはローマ字名称が割り当てられてしまいます。 今回はユーザー作成後に、ホームフォルダの名称を変更したい場合の説明をしたいと思います。 目次 macOS: ホームフォルダの名称を変更する方法 まとめ macOS: ホームフォルダの名称を変更する方法 以下、macOS ダークモードの画像での説明となります。 管理ユーザーを新規作成(自身が管理ユーザーの場合) 新規管理ユーザーでログイン Finder から該当ホームフォルダをリネーム システム環境設定 -> ユーザーとグループ 南京錠アイコンをクリック パスワード入力しロック解除(管理者権限を持つユーザー認証が必要) アカウント名、ホームディレクトリ名を変更したいユーザを 右クリック -> 詳細オプションメニュー表示 アカウント名を変更し、リネームしたフォルダを指定する まとめ Mac にかぎらずとも、ユーザー登録時の名称には思いの外コストがかかるものです。 できれば、今回紹介したような方法をとるまでもなく、適切かつ納得のいくユーザー名で Mac をはじめたいものですね。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。