Monthly Archives: January 2018

iOS: ミュージック App で歌詞を表示する方法

iOS 11 になってから消えてしまったように思われるミュージック App の歌詞表示ですが、すごく分かりにくい方法でアクセスが可能です。 今回はミュージック App での歌詞表示のメモとなります。 目次 ミュージック App で歌詞を表示する方法 まとめ ミュージック App で歌詞を表示する方法 歌詞が埋め込まれている曲を表示し、項目自体を「フォースタッチ(強く押し込む)」します。(このファーストアクセスの難易度が高いのが問題ですね) あとは「歌詞」項目をタップすれば歌詞が表示されます。 以前のバージョンでは、次の曲が再生されれば対応する歌詞が自動で更新されましたが、現行バージョンでは歌詞は最初の表示のまま変更されません。。 まとめ バージョンを重ねるにつれよくなっていると思いたい iOS ですが、ミュージック App に関しては多くの機能によるトレードオフにより、様々な不便を強いられている気がします。 曲データに歌詞を埋め込み、それを閲覧するユーザーは全体数からすると非常に限定的かもしれませんが、この辺はもう少しユーザビリティを改善して欲しいところです。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

CSS3: A4サイズ(ISO 216規格)比率のスタイルを作成する

A4 サイズを Web 上で描画したい場合、パーセント比率で指定した div を作成すれば簡単に実現できます。 しかし、レスポンシブデザインで可変する横幅に合わせ A4(ISO 216 A列)の縦横比率を、維持した高さを定義しようとすると、少々面倒なことになります。 今回は、A4サイズ(ISO A列)を例に、可変する矩形を描画する方法をメモしておきます。 目次 A4サイズ(ISO 216規格)比率のスタイルを作成する まとめ A4サイズ(ISO 216規格)比率のスタイルを作成する CSS の矩形の比率は CSS: 用紙サイズの規格と dpi (ピクセル)の対照一覧 より用紙サイズの比率をパーセンテージに変換しています。 HTML CSS まとめ 実際の紙媒体の規格を、Web 上で再現する必要はあまりありませんが、印刷やPDF プレビューを行いたい場合、必須となるテクニックだと思います。 比率の部分をクラス化すれば、汎用的なスタイルを定義できますのでお役立てください。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Terminal: zshrc エイリアスのメモ(Git コマンド編)

Terminal のシェルはずっと zsh を使用しています。 今回は、自分が zshrc で設定している Git コマンドをメモしておきます。 目次 zshrc エイリアスのメモ(Git コマンド編) まとめ zshrc エイリアスのメモ(Git コマンド編) git pull と git push がどうしても紛らわしくなってしまいますが、ずっとこの設定でやり過ごしています(笑) まとめ エディタや IDE 等の設定を自分流にカスタマイズしすぎるのは良くない気がしますが、シェルだけは別だと都合よく考えることにしています。 zshrc 自体を公開している方もいらっしゃいますが、自分の場合、あまり使わない設定やコメントアウトが多く雑多になっていたため、今回は Git コマンドのエイリアスのみを公開しました。 ある程度 zshrc の内容が落ち着いてきたら、丸ごと zshrc をさらけ出したいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。