Monthly Archives: October 2017

eyecatch_image
New!

Win: WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備する

Windows で Bash (Bash on Ubuntu on WIndows) が使えるようになりました。 今回は Windows 10 で Bash を使えるようにするための、WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備するメモしておきます。 目次 WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備する まとめ WSL (Windows Subsystem for Linux) を準備する 開発者モードの有効化 Windows スタートメニュー の 設定 から 更新とセキュリティ を選び、左側の 開発者向け タブを選択 開発者モードを有効化 します。(選択後、関連ファイルのダウンロードに少々時間がかかります) WSL のインストール 管理者モード(右クリックから選択)で PowerShell ウィンドウ を起動 し以下を実行 再起動後、[スタート]メニューから Bash on Ubuntu on Windows が実行できるようになります。 まとめ WSL の登場で Windows 環境での Webアプリ等の開発も可能になってしまいました。 しかし iOS アプリは Mac でなければ開発できませんので、Apple は今以上に Mac による開発環境の強化を進めてもらいたいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
New!

iOS: iOS 11 のメモ帳に追加された新機能

iOS アップデートごとに強化されていくメモ帳ですが、iOS 11 から更に便利な機能が強化されました。 今回は、iOS 11 で追加されたメモ帳の新機能についての説明をしたいと思います。 目次 表を作成する メモ帳から直接画像をスキャンし添付する まとめ 表を作成する 表作成アイコンをタップ 行(列)を追加 行を追加する場合は、表の左端の … をタップし、行を追加 を選択します。 列の追加も行と同様簡単に行えます。 メモ帳から直接画像をスキャンし添付する 続いてメモ帳から直接画像をスキャンし添付してみます。 画像追加アイコンをタップ 書類をスキャンを選択 カメラ起動 自動でカメラが起動し、矩形が表示されます。 そのままデバイスをキープするか、撮影ボタンをタップすれば自動的にキャプチャ後、台形補正が実行されます。 キャプチャ完了 わずか2タップでメモ帳に画像キャプチャが添付されました。便利ですね。 まとめ 今回は iPhone の画面で説明しましたが、iPad のメモ帳も同様の操作で表や書類がスキャンできます。 また、macOS と iOS の連携も成熟していますので、Apple のデフォルトアプリのみで、スケジュールやタスク管理がほぼ完結してしまいます。 便利な反面、アプリデベロッパーは、これまで以上に独創的なアイデアやアプローチによる開発が求められるようになりますね。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image
Update!

CSS3: Bootstrap 4 Beta でグリッドレイアウトの offset クラスがなくなる

Bootstrap 4 Alpha から Beta の仕様変更で、グリッドレイアウトの offset クラスがなくなりました。 今回は、Bootstrap 4 Beta での offset の代わりとなる、auto の使い方をメモしておきます。 目次 Bootstrap 4 Beta グリッドレイアウト auto の使い方 まとめ Bootstrap 4 Beta グリッドレイアウト auto の使い方 Bootstrap 4 Alpha 以前に採用されていた offset-x(x は数値) クラスを、ml-auto、もしくは mr-auto に変更することで対応します。 HTML カラムの左側が空白の場合 ml-auto を、カラムの右側が空白の場合 mr-auto を設定すれば、自動的にオフセット値が計算され、スペースが確保されます。 まとめ Bootstrap4 Beta は正式リリースに限りなく近いものとなっているはずです。 現在 Bootstrap3 を利用している方は、そろそろ Bootstrap4 へリプレースを行なってもよいかもしれません。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。