Monthly Archives: July 2016

Xcode: 開発のログ・関連ファイル・キャッシュ等を削除する

Xcode で開発を行っていると、プロジェクトファイル以外に多くの関連ファイルが作成されます。 開発機が SSD の場合、ちょっとしたキャッシュもこまめに削除しておかないと、いつの間にかストレージの容量が残り数 GB となった場合、急にビルドが遅くなったり、クラッシュの原因となります。 今回は、iOS アプリ開発時に作成される関連ファイルが保存されている場所や、データを管理するためのメモを残したいと思います。 目次 開発のログ・関連ファイル・キャッシュ等を削除する まとめ 開発のログ・関連ファイル・キャッシュ等を削除する Xcode で開発に関連するファイルは ~/Library/Developer/Xcode/ 以下に保存されています。 各フォルダ内のデータについて Archives テストフライトでのベータ配布時や App Store 申請時にビルドしたアーカイブデータが保存されています。 直近のものは残しておいてもいいですが、半年以上前のものは削除しても問題ないと思います。 DerivedData シミュレータにインストールされたアプリデータや、一時的に開いたプロジェクトに関連する派生データが保存されています。間違って削除しても、プロジェクト起動時には必要なファイルが生成されるので、全削除しても問題ありません。 iOS DeviceSupport 開発機にインストールされている iOS デバイスのサポートファイルがバージョンごとに保存されています。最新の iOS のバージョン – 1.0 あたりまでを残して、古いものは全て削除しても問題ないと思います。 iOS Device Logs 各デバイスのログが保存されています。ログファイル自体は大きいものではないので、無理して削除する必要はないと思いますが、1年以上前のデータは全て削除してもいいのではないでしょうか。 まとめ 開発プロジェクト完了時や、新しい iOS やデバイスがリリースされるごとに、これらのファイルを整理するようにこころがけていれば、快適な作業環境が保てるのではないでしょうか。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Swift: 高さ一覧

アプリ開発中にはオブジェクトの様々なサイズ取得は頻繁に行うことと思います。 いままで bounds や frame のどっちが何を意味するかを深く考えずに、Xcode のサジェストに頼りきりで、知識として定着していませんでした。 今回は、その反省と頭の中を整理するために、頻繁に利用するオブジェクトの「高さ」に焦点を当て、Swift で様々な高さを取得するための一覧をメモしておきます。 目次 高さ一覧 まとめ 高さ一覧 ステータスバーの高さ 画面の高さ(ステータスバー含まず) 画面の高さ(ステータスバー含む) ナビゲーションバーの高さ ツールバーの高さ タブバーの高さ まとめ いつも UIScreen.mainScreen().applicationFrame と UIScreen.mainScreen().bounds でどういった違いがあったか忘れてしまいます。 こうして一覧にしてみてみると applicationFrame は名前の通り「アプリケーションの枠」なので、ステータスバーが含まれないことは自明の理でしたね(笑) この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。
eyecatch_image

Atom: Key Binding Resolver を非表示にする

Atom でコーディング中、たまに何かの拍子で Key Binding Resolver のショートカットを押してしまい、意図せず表示してしまうことがあります。 いつもこの問題が起こった際、消す方法が分からず、その都度ショートカットを調べていたのでメモしておきます。 目次 Key Binding Resolver を表示・非表示にする まとめ Key Binding Resolver を表示・非表示にする Key Binding Resolver とは Atom の画面下部に表示される 対応しているキーバインドをリアルタイムで表示する機能 のことです。 Key Binding Resolver ショートカット [command] + [.] キーで表示非常時を切り替えられます。 まとめ メインのエディターを Atom に変更してからある程度時間が経ちます。 Atom はほぼデフォルト設定のままなので、その気になれば1週間くらいである程度便利に使えるようになると思うのですが、コーディングの中身に集中するあまり、基本的なショートカット以外なかなか覚えられません。。 機会があれば、こんな自分でもよく使用してしまう Atom のショートカットや、使い方をまとめた記事を投稿しようかなと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。