Monthly Archives: October 2015

Apple: iPhone 6s Plus / iOS 9 / El Capitan まとめてレビュー

毎年のことながら、今回の iPhone 6s / 6s Plus も出荷台数が過去最高を更新し、発売から3日間で1300万台を突破しましたが、もう驚きません。 そんななか、先日ついに iPhone 6s Plus(SIMフリー版)が到着いたしました。 iPhone 6s / 6s Plus や iOS 9、Mac OS X(El Capitan)については、リリースから日数が経過しているため、参考になる様々なレビューを数多く見かけますが、今回レビューのリリースに関して、スピードではかなわなかったので、これらを一気にまとめて、個人的な相互の使い勝手等を踏まえたレビューを行ってみたいと思います。 ※コンテンツの一部画像に GIF アニメを使用しているので、ページのロードに時間がかかります。 目次 iPhone 6s Plus 準備 iPhone 6s Plus 開封 SIM カード装着 アクセサリ・純正ケース装着 iPhone 6 の純正ケース(使用前・使用後)比較 iPhone 6s Plus レビュー 3D Touch Touch ID 2.0 ライブフォト Siri iOS 9 レビュー メモ帳 iCloud Drive hulu アプリ(iPad 版) Air Drop El Captan レビュー Instant Hotspot Split View ディスクユーティリティ一新 日本語入力とユーザー辞書 iPhone 6s Plus 準備 iPhone 6s Plus 開封 開封します。ずっと iPhone を使い続けているため、ここの表現は割愛させていただきますが、見た目、開封のしやすさ、開けた時の感動、すべてが行き届いている非常にクオリティの高いパッケージングです。 SIM カード装着 iPhone 6 / 6s Plus と純正ケースを用意します。 iPhone 6 から IIJ mio の SIM を取り出し、この後のガラスフィルムの施工を考慮し、ディスプレイに触れないように注意し iPhone 6s Plus へ SIM を差し替えます。 これで移行作業は完了です。SIM フリーは素晴らしいですね。iPhone 6 には家族が使用している SIM を差して引き続き使用します。 アクセサリ(ガラスフィルム)施工 間髪入れず Anker のガラスフィルムを用意します。赤い箱はこの後レザーケースに使用するミンクオイルです。 iPhone 6 のときには苦労して施工したガラスフィルムですが、この Anker のガラスフィルムは非常にインストールが容易な工夫がされています。 フィルム施工前にガラスフィルムの位置を合わせ、付属のステッカーでヒンジを作り、ガラスフィルムの保護シートを剥がしたあとはパタンと閉じれば、一発で完璧な位置にピタッと張り付いてくれました。これでやっと気兼ねなくディスプレイにタッチできます(笑) iPhone 6 で使っていたガラスフィルムは、今年前半にディスプレイ面から落下させてしまい破損しています。 施工当初は「こんなものを貼って自己満足以外に意味はあるのか」とも思ってましたが、ディスプレイ面からの落下時に、ガラスフィルムが割れ衝撃が分散されているので、効果はあるのかもしれません。 ケースの四隅には落下時の傷跡が多く見られますが、曲面ガラスを完全に防護してくれているため、幾度か落下させているものの大事に至らず、本体は傷一つない状態を維持できていました.。 iPhone 6 の純正ケース(使用前・使用後)比較 今回も Apple 純正レザーケースの茶を購入しました。 右側のケースは1年間使用した iPhone 6 の純正レザーケースです。 iPhone 6 のケースは黒に見えますが、実際はとても味わいのある焦げ茶色です。 そして、iPhone 6 同様、純正レザーケースには使用前にミンクオイルを儀式的に塗りました(笑) ミンクオイルを使用することで、新品の色合いが落ち着いた茶色になり、ある程度の磨耗や、水滴によるレザーの劣化を防ぎ、レザー本来の色合いの変化を楽しむことができます。2度塗り(右側画像)することでさらに暗みと怪しさが増します(笑) 以上で iPhone 6s Plus の準備は完了です。 使用したアクセサリのリンク 【iPhone6s対応 / Amazon.co.jp限定】 IIJmio SIM ウェルカムパック nanoSIM ( SMS ) 版 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] IM-B099 Anker® iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム 3D Touch対応 9H硬度の液晶保護 & 96%の透過性 【18ヶ月保証】 Anker iPhone 6 Plus (5.5インチ用) 3D Touch対応 強化ガラス液晶保護フィルム 9H硬度の液晶保護 & 96%の透過性 【18ヶ月保証】 [コロンブス] columbus ミンクオイル シューズ・レザーグッズ用 45g【HTRC3】 iPhone 6s Plus レビュー 3D Touch 今回一番試したかった新機能はこの 3D Touch でした。… 続きを読む

HTML: Safari のピン(タブ固定時)にアイコン画像を表示する

Mac OS X 10.11 (El Capitan) の Safari から採用された ページピンのアイコン は favicon や apple touch icon とは別の記述をしなければ表示されません。 また、せっかくページピン用の画像作成し、表示するためのタグを記述したにもかかわらず、表示されないケースに遭遇しました。 今回はこのページピン用に、オリジナルアイコンを表示し、確認する方法を説明したいと思います。 目次 SVG 画像を準備する HTML を記述する 確認する Safari のピン(タブ固定時)にアイコン画像を表示する ページピン用のアイコン画像がしていされていないサイトは、デフォルトではページタイトルの頭文字のイニシャルが表示されます。 SVG 画像を準備する Illustrator 等のベクター画像アプリケーションで表示したいアイコンの SVG データを作成しました。ここでは “pinned_icon.svg” という名前で書き出します。 HTML を記述する タグ内に 以下の1行を追加します。href に SVG 画像のパス、color に塗りの値を記述します。 確認する ~/Library/Safari/ の中にある Template Icons フォルダを丸ごと消去します。 これを行わないと、サイトデータが変更前のアイコンのキャッシュへ紐付いているため、実際は結果が反映されているにも関わらず、ブラウザでページをリロードしても結果を確認できません。(これで数十分時間をロスしてしまいました。。) 無事 HTML で指定したページピンの SVG 画像が反映されました。 まとめ ページピンの画像は apple touch icon 同様、ちょっと一手間加えるだけで、サイトのブランディングに非常に有効です。 普段 Windows や Android をメインで使用している方も、設定方法は簡単なのでページピンのアイコン画像を設定してみてはいかがでしょうか。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Android: Android Studio のエミュレータを Landscape にする

このサイトでは見慣れない投稿記事のアイコンが登場しました(笑) 最近 Android アプリにも手を出し始めたので、これからちょくちょくメモを公開したいと思います。 今回は Android Studio のエミュレータで、デバイスを回転させるショートカット のメモです。 Android Studio のエミュレータを Landscape にする Android Studio でプロジェクト開き、ビルドしたアプリをエミュレータに表示します。 control + fn + F11 でデバイスの向きが変わります。 まとめ Android Studio でコーディングしていると Xcode の良いところ、悪いところがよくわかります。 Xcode でトラブルに遭遇した場合、自身の知識や経験不足からくる問題なのか、Xcode 側の問題なのかの特定に、余計なコストを割いてしまいますが、Android Studio ではそう言ったケースが少ないように感じます。Windows で作業をしているときのような信頼・安心感がありますね。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Android: WebView 画面回転(Portrait / Landscape)に対応する

Android Studio で WebView を表示し、画面の回転に対応させた場合、何もしない状態のままではアプリが落ちる、もしくは WebView がリロードされてしまいます。 Android アプリの場合、画面が回転した際に一旦 Activity が破棄されてしまい、Activity のメンバ変数や onCreate で生成したインスタンス等が再度生成されてしまうため、このような問題が発生します。 今回はこの問題を解決する、以前の WebView の画面を保持したまま画面を回転させる方法 を説明したいと思います。 目次 AndroidManifest.xml MainActivity.java WebView を画面回転(Portrait / Landscape)に対応する AndroidManifest.xml マニフェストの activity に configChanges… の1行を加えます。 MainActivity.java アクティビティに onSaveInstanceState と onRestoreInstanceState メソッドを追加し、onCreate で WebView を生成、savedInstanceState に以前の状態が保存されていれば、WebView を復元する条件を追加します。 以上で、MainActivity が破棄されるタイミングで onSaveInstanceState がコールされ、WebView の状態が保存されます。 MainActivity のコードは以下のようになります。 Android Studio のエミュレータ上で、デバイスを回転させて結果を確認したい場合は こちら を参考にしてください。 まとめ 今回説明した内容は Activity が破棄されたタイミングで、ビューの状態を保存しているので、ここら辺の Android 特有の仕組みをしっかりと理解していれば、色々と応用がききそうです。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。