New!

Swift: WKWebView で 3D Touch を無効にする

iOS 9 から登場した 3D Touch は非常に便利な機能で対応アプリも増えてきていますが、この機能を活用できているユーザーは今のところ少数に思います。 また、Web アプリとなってくるとこの機能が出現すると不都合なときがあり、便利なはずの 3D Touch がユーザビリティを低下させてしまうリスクがあります。 今回は WKWebView でこの 3D Touch を無効にする方法をメモしておきます。 目次 WKWebView で 3D Touch を無効にする まとめ WKWebView で 3D Touch を無効にする WKWebView のデリゲートメソッド shouldPreviewElement で false を返します。 まとめ 3D Touch は デバイス上の物理的な仕組みと連携し機能する iOS 独自のジェスチャーです。 3D Touch 非対応の iOS デバイスユーザーや Android ユーザーにとっては LongPress と混同しがちですが、全く別物です。 このジェスチャーがデファクトスタンダートとなるには時間がかかりそうですが、iOS アプリ開発者は、なるべく今回説明した 3D Touch を無効にする方法ではなく、積極的に導入し利用を促すことが大切だと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Recent Posts

Information

Pickup Contents