New!

Swift: デザインパターン > 生成パターン > Factory Method

オブジェクト設計において、定石となる手法をパターン化したものを デザインパターン といいます。 デザインパターンをきちんと勉強していない人でも、Web のおかげで知らず知らずのうちに使って(コピペして)その恩恵を享受しています。 自分自身パターン概要を一読しただけで、あいまいな使い方をしているものが多く、この際勉強を兼ねて GOF 23 パターンのなかでよく利用するものを Swift3 で記述していきたいと思います。 今回は 生成パターン の Factory Method について説明します。 目次 [生成] Factory Method パターン まとめ [生成] Factory Method パターン Factory method パターンはその名の通り、オブジェクトを生成する工場を意味します。 オブジェクト生成の手順、実際にオブジェクトを生成する部分の2つに分離し定義しますが、オブジェクト生成の抽象化にフォーカスしたものが Factory method パターンとなります。 パターンの概要 Product 生成オブジェクト ConcreteProduct のインタフェースを決定 ConcreteProduct 具体的な製品を決定します。 サンプルコード Product.swift ConcreteProduct.swift ViewController.swift 実行結果 ※ XXX はプロジェクト名 まとめ 今回は ViewController の Protocol と Extension を利用して抽象クラスを実現していますが、次期 Swift では抽象クラスにも対応するみたいです。 次回は 生成パターン の Abstract Factory パターンを説明したいと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Recent Posts

Information

Pickup Contents