New!

macOS: Homebrew から zsh インストール等、クリーンインストール後にやること

macOS をクリーンインストール後にやることといえば、Terminal を使った開発環境の構築だと思います。 そのなかでも、まず一番にデフォルトのシェルを zsh に変更する方も多いのではないでしょうか。 今回は Mac ユーザーの開発者であれば(ほぼ)誰もが実行するであろう、macOS クリーンインストール後の一連の作業をメモしておきます。 目次 Atom インストール Homebrew インストール zsh インストール ログインシェルを zsh に変更 不可視ファイルや不可視フォルダを表示 すべてのアプリケーションの実行を許可 Finder を再起動 まとめ Atom インストール https://atom.io から Atom をインストールします。 必ずしもエディタに Atom を利用する必要はありませんが、ここではログインシェル変更時の設定ファイルを書き換える際、vi では分かりづらい(オペレーションをいつも忘れてしまう)ため、 Atom を使用し説明したいと思います。 Homebrew インストール ユーティリティ -> ターミナル.app を起動し、以下のコマンドを実行します。 Terminal.app インストール後、brew doctor で Homebrew に問題がないことを確認しておきます。 Your system is ready to brew. と表示されれば、正常にインストールが完了しています。 zsh インストール Homebrew で zsh をインストールします。 –without-etcdir は Mac が zsh 起動時に PATH リセットするのを回避するためのオプションです。 Terminal.app zsh をインストールする以上 zsh-completions は必須かと思いますので、以下のコマンドを実行します。 ログインシェルを zsh に変更 ターミナルから Atom でログインシェルの設定ファイルを開きます。 Terminal.app 開いた設定ファイルの最下段に、以下の1行を追加しファイルを保存します。 再びターミナルに戻り、ログインシェルの切り替えコマンドを実行します。 ログインシェルが変更されているか確認します。 UserShell: /usr/local/bin/zsh と表示されていれば変更完了です。 不可視ファイルやフォルダ、ライブラリを表示 GUI メインでオペレーションを行う方は、Mac 不可視ファイル表示は必須だと思いますので、以下のコマンドを実行し表示します。 ライブラリフォルダも表示しておきます。 すべてのアプリケーションの実行を許可 以前は、システム環境設定 -> セキュリティとプライバシー の「一般」タブ -> ダウンロードしたアプリケーションの実行許可 より すべてのアプリケーションを許可 にチェックし、サードパーティーアプリをインストールしていましたが、macOS Sierra からはこの項目がデフォルトでは非表示となっています。 この問題は以下のコマンドで解決します。 Finder を再起動 設定を変更したら、Finder を再起動すれば、変更が反映されます。 まとめ マシンのクリーンインストール後にやるべきことはたくさんあります。 今回の説明は Mac を開発メインで利用するユーザーであれば、無視することができない実行項目ばかりだと思いますので、参考にしていただければと思います。 この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Recent Posts

Information

Pickup Contents