New!

Apple: iTunes アルバムアーティスト or コンピレーション どっち?

先日ホームサーバーの入れ替え時に iTunes ライブラリデータを破損してしまいました。 幸いなことに iTunes Match を利用していたため、バックアップから復元できたため被害は最小で済みました。 iTunes ライブラリのデータも一旦すべて破棄し、ダウンロード同期したため、すっきりとまとまりました。 ところが、すっきりとしたライブラリフォルダをみていると、予期しない コンピレーションアルバム が多く存在したため、手作業で仕分けました。 今回は、iTunes の アルバムアーティストとコンピレーションの使い分け方 をメモしておきます。 目次 iTunes アルバムアーティスト or コンピレーション どっち? まとめ iTunes アルバムアーティスト or コンピレーション どっち? 今回は Macy Gray のアルバム、Coverd を例に説明したいと思います。 こういったカバーアルバムはアーティスト名が複数存在するため、何も考えずに「コンピレーション」にチェックを入れ、ひとつのアルバムとしてまとめてる方も多いと思います。 ただ、このアルバムは明らかにコンピレーションではありません。様々なアーティストがフィーチャリングしていても、Macy Gray のアルバムであるため、アルバムアーティスト を Macy Gray とし、コンピレーションのチェックを外すことで、アーティストのアルバムとして扱われます。 こうすることで、ライブラリフォルダ(iTunes > iTunes Media > Music)内の「Macy Gray」にアルバム「Coverd」が格納されます。 注意するべきは、アルバムアーティストを指定しても、コンピレーションのチェックを外さないと、iTunes > iTunes Media > Music > Compilations に仕分けられてしまいます。 iTunes では コンピレーション > アルバムアーティスト という優先順位であることを念頭に、適切に整理を行いましょう。 まとめ 何年も iTunes を利用していると、バージョンの相違による仕様変更が吸収しきれておらず、「ライブラリを整理」や「ファイルを統合」でも解決できない問題もあり、そういった場合、今回のように手作業でデータを仕分けていく必要があります。 しかしながら、今回作業に費やした時間を考えた場合、Apple Music や Amazon Music Unlimited のような、月額課金の音楽サービスを利用するのが賢明だと感じてしまいました(笑) この記事がみなさんのお役に立ちましたら、下記「Share it」よりブックマークやSNSで共有していただければ幸いです。

Recent Posts

Information

Pickup Contents